引越しの転居届の手続きのまとめ(転居届を出さなかった体験談あり)

「転居届の提出期限は、いつからいつまで?」
「転居届と転出届の違いって?」

「転居届を出さないと、どうなる?」


というわけで、こんにちは!引越しママの、えみいです。

引越しをするときには、役所に「転出届」や「転居届」を出す必要があります。

この記事では、市内から市内へ引っ越す場合に提出する「転居届」について、まとめて紹介します!

転出届と転居届の違い

「転届」とは、市内から「市へ引っ越す場合の書類のことで、
「転届」とは、市内から「市へ引っ越す場合の書類のことです。

パッと見、似ていて間違えやすいので、気を付けてくださいね。

引っ越しママ

なるほど~、転居と転出は違うのね!

引っ越しプロ

転出の場合は、役所に行くのが1回ですみますね!

転出の場合は、「転出届」「転入届」と2回役所に行って手続きする必要がありますが、転居の場合は手続きが1回ですみます

転居届の書き方

転居届
手続き場所 引っ越し後の市区町村役所
期限 引越し後14日以内
必要なもの
  • 転居届(役所にある)
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、写真付き住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書など)
  • 届出に来る人の認印
  • マイナンバーカード又は住民基本台帳カード(所持者のみ)
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 後期高齢者医療被保険者証(加入者のみ)
  • 印鑑登録証(所持者のみ)
  • 介護保険被保険者証(所持者のみ)
  • 委任状(代理人の場合)
提出者 本人、世帯主、本人と同一世帯の人

転居届(住民異動届)は、市町村役所に置いてあります。
書き方は、見本が役所に置いてありますし、役所の人に教えてもらうこともできます。

転居届に記入する主な項目は、以下になります。

転居届の項目

  • 住所/世帯主の氏名
  • 新住所/世帯主の氏名
  • 異動年月日(引っ越し日、決まってない場合は予定日)
  • 引っ越しする人の氏名/生年月日
  • 引っ越しする人の本籍/戸籍の筆頭者
  • 転居届の申請者
  • 連絡先の電話番号

引越しするなら転居届を出さないとダメな理由

引越しをするということは、住所が変わりますよね。
住所が変わると、その届け出を行わないといけません。
これは、「住民基本台帳法」という法律によって決められているからです。

第二十三条 転居(一の市町村の区域内において住所を変更することをいう。以下この条において同じ。)をした者は、転居をした日から十四日以内に、次に掲げる事項を市町村長に届け出なければならない。
一 氏名
二 住所
三 転居をした年月日
四 従前の住所
五 世帯主についてはその旨、世帯主でない者については世帯主の氏名及び世帯主との続柄。

出典:住民基本台帳法

このように、市区町村の区域内において住所を変更する場合には「転居届」を、現在住んでいる市区町村役所に届出する必要があります。

転居届の提出期限はいつからいつまで?

転居届の提出期間

転出届は、引っ越し後の翌日から14日以内に提出します。
転出届とちがって、引っ越し前には提出できないことになっています。

もし、引越しして転居届を出さない場合は、5万円以下の罰金が科せられる可能性があります。

転居届を出さずに住所変更しなかった体験談

ちなみに、わたしは実家から歩いて1分の距離に引っ越したことがあります。
「近いし、転居届は出さなくてもいいでしょ~」
と、この時は住所変更をしませんでした。
(もちろん、罰金が科せられることは知らなかった)

役所にバレたりはしなかったんですが、一つ問題が発生しました。
当たり前ですが、役所関係の郵便物が元の住所に届くんです。

そのため、いちいち実家に取りにいかないといけなくなりました。
そのわずかな手間が不便で、けっこうなストレスになったんです。

転居届を出してからは、そのストレスから解放されてすっきりしました!

わたしの体験から言いますが、役所に行って届け出を出すだけなので、めんどくさがらずに行った方がいいですよ(笑)

引っ越しママ

期間を過ぎていたので、あの時は罰金がとられるかヒヤヒヤしたわ~!(罰金はなかったです笑)

転居届は、委任状を用意すれば代理人でもOK!

委任状

転出届の期限は、引越後の翌日から14日以内です。
また、届出人は、本人又は世帯主となっています。

でも、仕事で役所に行けない場合もありますよね。

引っ越しプロ

会社員だと平日は仕事で、役所は土日が休み。これじゃあ、役所に行く時間がないですね。

その場合は、代理人にお願いすることが可能です。
役所の窓口、またはホームページ(PDF)に「委任状」があります。

この委任状を本人が作成して、代理人に持って行ってもらうことで、転出届の手続きが可能です。

転居届Q&A

その他、転居届に関する不明点をまとめました。

印鑑登録の住所変更手続きは必要?

印鑑登録は転居届により印鑑登録は自動的に住所変更されるので、手続きは不要です。

転居届は郵送でも出せる?

転居届は、「転入届」のように郵送による手続きはできません

転居届は引っ越し前でも出せる?

転居届は、引越前には提出できません

小中学校の転校手続き

学区外へ転居する場合、転居届の際に入学通知書が発行されます。
前校からの書類(在学証明書等)と入学通知書を学校へ提出してください。

国民年金の住所変更手続き

  • 加入している方は、転居届により自動的に住所変更されますので、手続きは不要です。
  • 60歳以上で年金受給申請の待機中の方は、お近くの年金事務所で住所変更の手続きをしてください。
  • 年金を受給している方は、届出は不要ですが、マイナンバーが収録されていない方は届出が必要です。

児童手当の手続き

転居届により自動的に住所変更されるので、手続きは不要です。
ただし、児童と別居するなど養育状況が変わる場合は手続きが必要です。

まとめ

引越しによる転居届の手続きについて紹介してきました。
まとめますと、以下になります。

  1. 市内へ引越す場合は、転居届を出すこと!
  2. 引越し後から14日間以内に提出!
  3. 行けない場合は、代理人に頼んでもOK!

転居届を出すことは法律で決まっていますし、サボると私の体験談のように、ストレスがたまります(笑)
忘れずに届け出を行ってくださいね!

引越しが決まったら早めに、複数の引越し業者から見積もりをとる「あいみつ(相見積もり)」を、かならず行いましょう!

私が引っ越しの見積もりを調べたとき、一番高い業者と一番安い業者の差額は、ナント6万円を超えました!(家族で県外引っ越し)

私が利用したのは、「引っ越し達人」という一括見積もりサービス。

引っ越し達人」は、他の一括見積もりサービスに比べて「荷物量の入力」がないので、入力が30秒でラクなのがポイント。しかも無料で使えるサービスです。

引っ越し達人」で見積もりすると引っ越し料金が最大55%オフになるので、引っ越し料金を安く抑えるために、かならずこのサービスを使いましょう!

引っ越しママ

どうして、あいみつ(複数の会社から見積もりをとること)は、絶対にした方がいいの?

引っ越しプロ

プロは、言い方は悪いけどお客さんを見て料金を決めてるんです。1社だけならライバルはいないんだから、値引きする必要はないですよね?だから料金を安くするなら、あいみつは絶対にしてください。

「引っ越し達人」

荷物入力の項目がないので、
入力がとにかく簡単!

おすすめポイント!

  1. 入力がたったの30秒!
  2. 210社以上の引越し会社を徹底比較できる!
  3. 引越代金が最大55%OFF!
  4. 最大6万円のお祝い金などの特典がもらえる!

\引っ越し料金が最大55%オフ!/

「引っ越し達人」で
あいみつしてみる
(無料)

↑見積もりをとるにはクリック↑
※アクセスが集中していて、クリック後に読み込みまでに時間がかかる場合があります。

「SUUMO引越し見積もり」

電話番号の入力が不要!
メールのみで対応したい方に!

おすすめポイント!

  1. 電話なし!メールのみで見積もり!
  2. 見積もり先を自分で選べる!
  3. 引越代金が最大50%OFF!

SUUMO引越し見積もり」は、他の一括見積もりサービスに比べて「電話番号の入力」がないので、メールで気楽に見積もりを比較できるのがポイント。

SUUMO引越し見積もり」で見積もりすると引っ越し料金が最大50%オフになるので、引っ越し料金を安く抑えることができます!

\引っ越し料金が最大50%オフ!/

「SUUMO」で
あいみつしてみる
(無料)

↑見積もりをとるにはクリック↑
※アクセスが集中していて、クリック後に読み込みまでに時間がかかる場合があります。

この記事に登場する専門家

営業成績10年連続全国1位
引っ越しプロ:Dさん
2006年より、とある大手引っ越し会社の営業を担当。営業成績10年連続全国1位を達成。現在、営業管理職。これまでの豊富な経験を元に、引っ越しのぶっちゃけ節約術を、こっそりとシェア。好きな食べ物は、広島風お好み焼き。現在、二児のパパ。

おすすめの記事!

一括見積もりサービスを使った口コミ