引越しでやることはチェックリストで確認しよう!家族で引越す流れのチェックシート

※この記事は某引越業者の営業主任 Dさん(本名非公開)が監修しています。

「引越しすることが決まった!! さあ何からやればいいの!?」

引越しって、やることがたくさんありそうで、何から手を付けていいのか悩みますよね?

まず最初にやることは、全体像をざっくりと眺めること。それから、各項目について詳しく見ていきましょう!

そのことで、あなたが何を、どういう順番で、どうやってやるべきなのか? がクリアになるので、スムーズに引っ越し作業を進めることができます。

まずは、期間ごとにやるべきリストを、ざっくりと眺めてみてくださいね!

引っ越しママ

このページでは、引っ越しの流れを完全リストにしました! やることを期間ごとにまとめています!

引っ越しプロ

漏れがないように、プリントアウトしてチェック表として活用してくださいね。

【完全版】引越しやることリストPDFダウンロード

1ヶ月前までにやること

  1. 大家さんへ連絡しよう
  2. 駐車場の管理人へ連絡しよう
  3. 引越し方法の検討
  4. 引越し先の内見
  5. 家具のレイアウト検討
  6. 粗大ごみの処分の検討
  7. 引越し業者の手配
  8. 子供の転校手続き(保育園・幼稚園・小中高)
  9. インターネットの手続き
  10. 新しい大家さんへ連絡

引っ越しの準備 1ヶ月前までにやること(内見・業者の手配など)

2018.09.29

引っ越し2週間前にやること

  1. 梱包資材の手配
  2. 新しく購入するものの手配
  3. 家具のレイアウト決定
  4. 荷造りの開始
  5. 電話回線の移転
  6. 郵便局への移転の連絡
  7. 転居通知の手配

引越し2週間前にやること(荷造り・電話の予約など)

2018.10.04

引っ越し1週間前までにやること

  1. 転出(転居)届
  2. 国民健康保険の資格喪失届
  3. 印鑑登録証の返還
  4. 児童手当の受給事由消滅届

引越し1週間前までにやること(転出届・国民健康保険・印鑑登録・児童手当)

2018.10.05

引っ越し3日前までにやること

  1. 電力会社への移転の連絡
  2. ガス会社への移転の連絡
  3. 水道局への移転の連絡
  4. 新聞販売店への移転の連絡
  5. NHKの住所変更
  6. バイクの登録変更

引越し3日前までにやること(電気・ガス・水道など)

2018.10.05

引っ越し前日までにやること

  1. 旧居の掃除
  2. ご近所へご挨拶
  3. 冷蔵庫
  4. 洗濯機
  5. 石油ストーブ
  6. すぐに開ける箱の用意

引越し前日までにやること(挨拶・冷蔵庫・洗濯機)

2018.10.06

引っ越し当日にやること

  1. スタート準備
  2. 荷物の搬出
  3. 電気・ガス・水道の使用停止
  4. 旧居の掃除と忘れ物のチェック
  5. 明け渡しと鍵の返却
  6. 新居のカギをもらう
  7. 荷物の搬入
  8. 電気・ガス・水道の使用開始
  9. 引越しの挨拶

引越し当日にやること

2018.10.08

引っ越し後から14日以内にやること

1:役所関係の手続き

  1. 転入届
  2. マイナンバーカードの変更
  3. 国民健康保険の加入手続き
  4. 国民年金の手続き
  5. 印鑑登録
  6. 児童手当の認定申請
  7. 母子手帳登録変更
  8. バイクの登録変更(50cc~125cc)

2:自動車関係の手続き

  1. 車庫証明の手続き
  2. 運転免許証の住所変更
  3. 普通自動車の登録変更
  4. 軽自動車の登録変更
  5. バイクの登録変更(126cc~)

3:生活関係の手続き

  1. 子供の転校手続き
  2. パスポートの変更手続き
  3. 犬の登録変更
  4. 転居通知の発送
  5. 銀行・郵便局・保険などの住所変更
  6. その他の住所変更

引越し後から14日以内にやること(役所・自動車・生活関係)

2018.10.08

まとめ

引っ越しの流れについて、期間ごとにやることをまとめました。
まずは、こちらのページをみて、ざっくり全体像を把握してみてください。

引っ越しママ

引っ越しって、やることがいっぱいあるのね~💦

引っ越しプロ

終わった項目はチェックしていくといいですよ!

やることが多いので、唖然として「手を付けられない~」なんてことにならないようにしないといけません。

そこで、「チェックする」という作業を取り入れると、やる気スイッチが発動して、進めやすくなりますよ!

このページを印刷して、上から順番にチェックしながら、引っ越しの準備を進めていきましょう!

【完全版】引越しやることリストPDFダウンロード

引越しが決まったら、複数の引越し業者から見積もりをとる「あいみつ(相見積もり)」を、かならず行いましょう!
10年連続で全国1位の引越し業者の営業主任=専門家から聞いた理由は、以下の通り。

あいみつをする理由

1:最初は、どの業者も「あえて高め」の料金を提示するから

2:「見積もりが1社だけ」だと、価格を下げてくれないから

3:だから、数社で価格を競わせることで、料金を何万円も安くできる!

私が引越しの見積もりを調べたとき、一番高い業者と一番安い業者の差額は、ナント6万円を超えました!(家族で県外引越し)
あいみつをしないと、何万円も損をしてしまいます!

ですが、あいみつは時間がかかるのがデメリット
200社以上もある引越し業者を、自分で探して1つ1つ連絡するのは大変です。
そこでオススメなのが「引越し達人」という一括見積もりサービス

引越し達人」という一括見積もりサービスは、他の一括見積もりサービスに比べて「荷物量の入力」がないので、入力が30秒でラクなのがポイント。
しかも無料で使えるサービス!

引越し達人」で見積もりすると引越し料金が最大55%オフになり、最大6万円のお祝い金も!

引っ越しママ

どうして、あいみつ(複数の会社から見積もりをとること)は、絶対にした方がいいの?

引っ越しプロ

営業は、言い方は悪いけどお客さんを見て料金を決めてるんです。
1社だけならライバルはいないんだから、値引きする必要はないですよね?
だから料金を安くするなら、あいみつは絶対にしてください。

引越し一括見積もりサービスの利用の流れ

引越し一括見積もりサービスの使い方は、とっても簡単です。
24時間いつでも受付可能で、対応も迅速なので、引越しまで時間がないかたでも安心です!

1:必要事項を入力

引越し先の住所、建物タイプ、引越し予定日、人数、名前、メールアドレスなどを入力するだけ。
入力は簡単で、最短で30秒です。

2:比較して検討する

同じ条件でも、引越し業者によってかなり料金のばらつきがあります。
一番条件のよいところを比較して検討しましょう。
見積もり料金に納得できない業者は、断ったり、スルーしたりして大丈夫ですよ。

引越し訪問見積もり後の断り方!上手なキャンセル方法をプロが解説!

2018.10.18

安い業者を2~3社ピックアップできたら、そこから値下げ交渉をします。
出された見積もり料金で業者同士を競わせないと、価格を安くできません。
このように相見積もりをすることで、最大で55%も安くなります!

3:引越しする

引越し会社が決まったら、引越しです。
あたらしい生活のスタートです!

まずは、一括見積もりサービスで、料金を比較するのが大事です!

引っ越しプロ

一社だけの見積もりを真に受けて、ぼったくられないように、ちゃんとあいみつするのが安くするコツです。

「引越し達人」

荷物入力の項目がないのでラクラク!
とにかく簡単にすませたい方はこちら!

おすすめポイント!

  1. 入力がたったの30秒
  2. ヤマト・サカイなど210社以上の引越し会社を徹底比較できる!
  3. 引越代金が最大55%OFF!
  4. 最大6万円のお祝い金などの特典がもらえる!

\引っ越し料金が最大55%オフ!/

30秒で入力できる
「引越し達人」はこちら
(無料)

↑「引越し達人」についてもっと詳しく見る↑
※アクセスが集中していて、クリック後に読み込みまでに時間がかかる場合があります。

「SUUMO引越し見積もり」

電話番号の入力が不要!
メールのみで対応したい方はコチラ!

おすすめポイント!

  1. 電話なし!メールのみで見積もり!
  2. 見積もり先を自分で選べる!
  3. 引越代金が最大50%OFF

SUUMO引越し見積もり」は、他の一括見積もりサービスに比べて「電話番号の入力」がないので、メールで気楽に見積もりを比較できるのがポイント。

SUUMO引越し見積もり」で見積もりすると引越し料金が最大50%オフになるので、引越し料金を安く抑えることができます!

\引越し料金が最大50%オフ!/

電話番号の登録がいらない
「SUUMO」はこちら
(無料)

↑「SUUMO」についてもっと詳しく見る↑
※アクセスが集中していて、クリック後に読み込みまでに時間がかかる場合があります。

おすすめの人気記事

あなたはテレビの報道などで「引越し難民」が急増していると聞いたことがありませんか?

近年、3月中旬から4月上旬にかけて、引越しをしようとしても引越し業者が見つけられず「引越しをしたいのに、引越しができない!」という方があふれていることが社会問題になっています。

「引越し繁忙期の予約は、いつからすれば間に合うの?」
引越し難民にならない方法をプロにインタビューしました!
引越し繁忙期の予約はいつから!?引越し難民にならない方法【プロが警告】


引越し料金を安くする裏ワザを、10年連続で営業成績1位のプロが、特別にいまだけ公開中!
「勤務してる会社はナイショ」という条件で、ぶっちゃけで引越し業界のウラ話を暴露してくれました!
引越しで損をしたくないママさんは、かならずよんで!
引越しの裏ワザ!安く引越す方法を10年連続全国1位のプロに聞いた!

この記事に登場する専門家

ほんとに全国一位だ!

営業成績10年連続全国1位
引越しプロ:Dさん(本名非公開)
2006年より、とある大手引越し会社の営業を担当。営業成績10年連続全国1位を達成。現在、営業管理職。これまでの豊富な経験を元に、引越しのぶっちゃけ節約術を、こっそりとシェア。好きな食べ物は、広島風お好み焼き。現在、二児のパパ。