引っ越し1週間前までにやること(転出届・国民健康保険・印鑑登録・児童手当)

引っ越しママ

この記事では、引っ越し1週間前までに行う段取りをご紹介します!

市区町村役所で行う手続きになります。

引っ越し1週間前の段取りは、以下になります。

  1. 転出(転居)届
  2. 国民健康保険の資格喪失届
  3. 印鑑登録証の返還
  4. 児童手当の受給事由消滅届

この前段階となる「引っ越し2週間前の段取りについて」については、以下の記事をご覧くださいね!
↓↓↓

引っ越し2週間前にやること(荷造り・電話の予約など)

2018.10.04

届け先 持ち物 届出期間
転出届 旧住所地の市区町村役所 本人確認書類(運転免許証、パスポート、在留カードなど) 転出する日まで
国民健康保険の
資格喪失届
旧住所地の市区町村役所 保険証
本人確認書類(通知カード、マイナンバーカードなど)
引っ越した日から14日以内
(転居前でも可能)
印鑑登録証の返還 旧住所地の市区町村役所 印鑑登録証、印鑑  
児童手当の
受給事由消滅届
旧住所地の市区町村役所 備え付けの届け出用紙、印鑑 引っ越す前
引っ越しママ

ぜんぶ役所でできちゃうのね!

引っ越しプロ

まとめて1回ですませるといいですよ!

転出(転居)届

引っ越しする日までに、現在住んでいる市区町村役所に「転出届(転居届)」を提出します。転出は市外への引っ越し、転居は市内・区内での引っ越しの意味です。

この時に必要な持ち物は、本人確認書類(免許証やパスポート)です。

転出届を提出すると「転出証明書」を発行してくれます。この書類は、引っ越した日から14日以内に引っ越し先の市区町村役所に提出するものなので、無くさないようにしましょう。

同じ市区町村内で引っ越す場合は、引っ越した日から14日以内に転居届を提出します。

国民健康保険の資格喪失届

国民健康保険に加入している場合は、転出届と同時に国保の「資格喪失」の手続きを行いましょう。届け先は引っ越す前の市区町村役所で、必要な持ち物は、保険証と本人確認書類です。

印鑑登録証の返還

実印を持っている場合で、かつ他の市区町村に引っ越す場合は、印鑑登録証を役所に返却します。

公正証書や土地建物の売買契約書などの作成には「実印」が必要です。この実印は市区町村に登録された印鑑で、登録の際に「印鑑登録書」の交付を受けたものをいいます。

児童手当の受給事由消滅届

小さな子供がいる家庭で他の市区町村に引っ越す場合は、引っ越しする日までに現在の市区町村役所に「児童手当の受給事由消滅届」を提出します。

児童手当とは、7才未満の子供を育てている人に給付されるものです。

その際、転居先で新たに受給資格を得るのに必要となる前年度住民税の課税証明書または所得証明書を発行してもらいましょう。

同じ市区町村に引っ越す場合は、いまの市区町村役所に住所変更届を提出します。

まとめ

以上の届け出は、すべていま住んでいる市区町村の役所に行って手続きする内容です。

必要な持ち物は本人確認書類、印鑑です。それ以外の書類は役所にあるので大丈夫です。

何度も役所に行くのは手間なので、一気にぜんぶ終わらせてしまいましょう!

次のパートへ進む
↓↓↓

引っ越し3日前までにやること(電気・ガス・水道など)

2018.10.05


引越し料金を安くする裏ワザを、10年連続で営業成績1位のプロが、特別にいまだけ公開中!
「勤務してる会社はナイショ」という条件で、ぶっちゃけで引越し業界のウラ話を暴露してくれました!
引越しで損をしたくないママさんは、かならずよんで!
引越しの裏ワザ!安く引越す方法を10年連続全国1位のプロに聞いた!

この記事に登場する専門家

ほんとに全国一位だ!

営業成績10年連続全国1位
引越しプロ:Dさん
2006年より、とある大手引越し会社の営業を担当。営業成績10年連続全国1位を達成。現在、営業管理職。これまでの豊富な経験を元に、引越しのぶっちゃけ節約術を、こっそりとシェア。好きな食べ物は、広島風お好み焼き。現在、二児のパパ。