引越し業者にベッドの組み立て・分解・解体を依頼できるの?料金相場は?

※この記事は某引越業者の営業主任 Dさん(本名非公開)が監修しています。

ベッドの組み立て・分解って、引越し業者に頼めるの?」
料金の相場は、いくらくらいなの?」


こんにちは!
引越し情報専門サイト「引越しママのみかた」を管理&運営している、よしみです。
 

引越しのときに気になるのが、「この大きなベッド、どうやって運ぶの!?」ということです。

ベッドの組み立ては、購入したときに業者が組み立ててくれたケースと、自分で組み立てたケースがありますが、「過去のことなので、どうやったのか覚えてないよ~」というかたもいると思います。

そこで今回は、気になる引越し時のベッドの分解と組み立てについて、まとめてみました。
ぜひ、最後まで目を通してくださいね!

引越しの際にはベッドの分解が必要

基本的に、ベッドはそのまま運び出すのではなく、いったん分解をしてから輸送し、引越し先の部屋の中で再度組み立てる、という流れになります。

なぜなら、ベッドはそのままでは大きすぎて、ドアから運び出すことができないし、できたとしてもトラックのスペースを取りすぎるからです。

ただ、どうしても分解が難しい場合は、クレーン車を使って窓から搬出・搬入する選択もあります。

ちなみに、単身の引越しプランの場合、ベッド本体は分解することでボックスのサイズに収まっても、マットレスは収まらないので、別の形で輸送することになります。

このように、基本的にベッドの引越しには、組み立てと分解が不可欠の作業になります。

ベッドの分解は自分でできる?

ベッドは、フレーム部分の多くが組み立て式になっています。
購入時に工具がついていたはずなので、その工具を使って分解と組み立てができます。

基本的なベットの分解手順

ベッドの分解の手順は以下になります。
動画も参考になるので、みてみてください。

1:コンセントを外す(ランプがあるタイプのベッド)

2:布団やシーツを布団袋へ入れる

3:マットレスをはずす

4:床板をはずす

5:ヘッドボードをはずす

6:脚をはずしてサイドフレームを解体する

これでベッドの解体は終了です。
解体にかかる所要時間はベッドの種類によりますが、大型のベッドでは「4時間かかった!」という話もありました。

ベッドの分解に時間がかかりそうなら、引越し前日の夜にできるところまで解体して、その夜はマットレスだけで寝るのもありかもしれませんね。

ベットの分解・解体時の注意点

以下は、ベッドの解体時の注意点です。

分解前に撮影しておく

分解したあとにどのパーツがどこに組まれていたかわからなくなる恐れがあるので、写真を残しておくと、組み立て時の参考になります。

ネジを外すときは対角線上に

ネジを外す場合は、一度に外すのではなく、いったん緩めてから対角線上のネジを緩めていくという手順で行います。

片方のネジだけを全部外してしまうと、残ったネジに負荷がかかって破損するおそれがあるからです。

ネジを締めるときも同じように、対角線上の順番でかるく締めてからしっかり締めるようにします。

外したネジは袋に入れてまとめる

外したネジは、100均のクリアパックなどに入れておくと管理しやすいです。
形は同じネジでも長さが違うことがあるので、どこに使われていたネジなのかをクリアパックに書いておくと確実です。

引越し業者のベッドの分解・組み立ての料金相場

ベッドの分解と組み立てを行ってくれる業者をまとめました。
おおよその料金相場は以下になります。

ベッドサイズ

シングル:5,000円~10,000円ていど
ダブル:10,000円~20,000円ていど
クレーン搬入:10,000円~30,000円ていど

日通⇒有料で可能

単身パックでは、解体が2,000円、組み立てが3,000円です。

単身パックS・Lでは、家財の解体・組立ては別途有料となります。具体的には、税別で解体が2,000円・組立てが3,000円です。なお、ベッドは、ほとんどのケースにおいて単身パックS・Lの専用ボックスに入らないため、別送品扱いで単身パックS・Lと一緒に運搬します。その際、別送品の料金については距離と大きさによりますので、個別にご案内させていただきます。

出典:日通

アート引越センター⇒可能


家具の分解については、有料になることもあるようです。

タンス分解組立は当社にて承っております。ただし、システム家具などの分解組立は有料になります。 家具の種類によっては一度組立してしまうと再度の分解組立ができないものもございますので、お見積りの際にご確認ください。

赤帽⇒可能


時間で料金がきまるので、できるところまで自分でやっておくと安上がり。

大丈夫です。分解から組み立てもします。ただ赤帽の引越しはかかった時間も料金に比例するので、料金を安くするためにはあらかじめ分解などしておいていただくと引越し料金も安くなります。

外部サイト:赤帽

クロネコヤマト ホームコンビニエンス⇒可能

ベッドやソファー、テレビなど、家具や家電を一つから輸送(他商品と混載輸送)するサービスです。

料金は、お品物の大きさ(高さ+幅+奥行の3辺合計)に合わせて9区分に別れ、小物から大物の品まで、幅広く対応しています。
例:東京から大阪
シングルベッドサイズ:19,170円
ダブルベッドサイズ:25,866円

ムービングエス⇒可能

引越し当日にスタッフがベッド分解・組み立て作業を行ってくれます。

一部対応できない家具もございますので、分解・組立てが必要なものがある場合、必ずご契約までにお申しつけ下さい。
無料サービスでお引受けできるものか、別途料金を頂く必要があるものか、確認させて頂きます。

IKEAのベッドは引越しを引き受けてくれないことも?

IKEAのベッドは、引越し業者が分解・組み立てを引き受けてくれないケースもあるようです。
そのあたりのホンネを、引越しプロに聞いてみました!

引っ越しママ

引越し業者はIKEAのベッドはイヤって聞きますけど、本当なんですか!?

はい、訪問見積もりをして、IKEAのベッドがあったら……、正直うけたくなくなります……(笑)
IKEAの洋ダンスとか、見るとイヤになります(笑)

IKEAでも、ネジが多いものとそうでないものがあって、多いものだったら130個くらいネジをはずさないと分解できないものもあるんです。

IKEAのベッドに関しては、こちらでは対応できない旨をおつたえして、お客様で分解していただくか、IKEA家具を取り扱う業者に分解・組み立てをお願いしています。

引っ越しママ

やっぱり引越し業者がIKEAのベッドをイヤがるのは、本当だったんですね!(笑)

とにかくIKEAのベッドは構造が複雑で、ベッドの分解と組み立てに手間と時間がかかるんです。

IKEAのベッドの中には、ネジが木材のものや接着剤を使用するものがあって、分解したら元の状態に戻すのが困難でクレームが発生する可能性があるんです。

だから、引越し業者は嫌がるんです。

まとめると、IKEAのベッドは分解・組み立てを引き受けない、もしくは追加料金のうえ、補償の対象外(仮に元に戻せなくても弁償はしない)となる可能性があるので注意してください。

IKEA家具専門の引越し業者

また、中にはIKEA家具専門の引越し業者もあります。
ただし料金が高く、例えばIKEAの定価50,000円のワードローブ(クローゼット)を東京立川から新宿まで分解・引越し・組み立てる場合の合計料金は41,000円となっています。

外部サイト:職人引越センター

ベッドを処分する場合の注意点

引越し先にベッドを置くスペースがないなどの理由で、ベッドを処分する方向で考えているかたもいると思います。
その場合の注意点についても、紹介しておきます。

1:粗大ごみとして自治体に回収してもらう

ベッドは粗大ごみとして自治体に処分を依頼できます。
申し込みの手順は以下の通りです。

1:地区町村にある「粗大ごみ受付センター」に電話・ネットで申し込みします。
そのさい「住所・氏名・品目・大きさ」を伝えます。

2:申し込み後、必要な金額の「粗大ごみ処理券」を、自治体が指定しているコンビニや郵便局などで購入します。

3:受付番号などの必要事項を記入して、ごみとして出すガスコンロに貼り付けます。

4:収集日に指定の場所に出しておくことで、収集してもらえます。

なお、自治体の粗大ごみ処理施設に直接持っていくことも可能で、その場合は、手数料が安くなります。

粗大ごみ処理手数料の例

シングルベッド:1,000円(500円)
セミダブルベッド:1,400円(700円)
ダブルベッド:1,800円(900円)
パイプベッド:,600円(300円)
マットレス:1,000円(500円)

※()内は持ち込み手数料

2:買い替え時に引き取ってもらう

新しいベッドを購入する際に、古いベッドの引き取りを頼める場合があります。
手数料がかかることもありますが、無料で引き取りをしているお店もあるので、事前に確認してみることをおすすめします。

ベッドの引き取りサービスを行っている販売店は以下になります。

3:不用品回収業者

ネットの不用品回収業者で回収を依頼することができます。
ベッドを解体して部屋から搬出してくれるのがメリットですが、自治体に頼むより料金が高額になるのがデメリットです。

ちなみに、軽トラでスピーカーで営業をしている廃品回収業者は、自治体の許可を取っていない可能性があるので、安全ではない場合があります。

4:リサイクルショップ

近所のリサイクルショップで、ベッドの買い取りを依頼できる可能性があります。

自治体や回収業者の場合は費用を支払うかたちでしたが、リサイクルショップの場合は逆に収入になります。

まずは電話などでベッドの大きさや状態を伝えて、引き取りが可能かどうかを確認するところからはじめます。

5:出張買い取りサービス

ネットの買い取りサービスで、家具の買い取りを依頼することができます。
買い取りなので、料金が収入になるかたちです。

電話やネットで事前に査定を申し込むと、おおよその金額がわかります。
申し込むと、当日にスタッフがトラックで訪問して、その場で代金をもらって家具を搬出してくれます。

引っ越しママ

わたしも使ったことがありますが、不要なカラーボックスなども無料で引き取ってくれて、とても便利でした!

6:SNSを利用する

SNSなどを使って不用品を譲る方法があります。
例えば、ジモティーという、不用品を出品できるサイトがあります。

写真と文章をアップすると、引き取り希望者から連絡がもらえます。
料金は0円から任意の金額を設定でき、「自宅まで取りに来ていただける方限定」といった条件を加えることもできます。

引っ越しママ

わたしも使ったことがありますが、無料で出品すると、すぐに引き取り希望者から連絡がきました!

外部サイト:ジモティー

まとめ

引越しでベッドがある場合、ベッドの解体・組み立てを引越し業者に頼むことは可能です。

ただし、ベッドの大きさやメーカーなどによって対応が変わってくることがあるので、見積もりを依頼する際には、ベッドの大きさやメーカーを伝えてくださいね!

 


引越し料金を安くする裏ワザを、10年連続で営業成績1位のプロが、特別にいまだけ公開中!
「勤務してる会社はナイショ」という条件で、ぶっちゃけで引越し業界のウラ話を暴露してくれました!
引越しで損をしたくないママさんは、かならずよんで!
引越しの裏ワザ!安く引越す方法を10年連続全国1位のプロに聞いた!

この記事に登場する専門家

ほんとに全国一位だ!

営業成績10年連続全国1位
引越しプロ:Dさん(本名非公開)
2006年より、とある大手引越し会社の営業を担当。営業成績10年連続全国1位を達成。現在、営業管理職。これまでの豊富な経験を元に、引越しのぶっちゃけ節約術を、こっそりとシェア。好きな食べ物は、広島風お好み焼き。現在、二児のパパ。