引越し業者でダンボールを無料でもらえるの?ダンボールを無料でもらう3つの方法

※この記事は某引越業者の営業主任 Dさん(本名非公開)が監修しています。

「引越し用のダンボールが無料でほしい!」
「引越しに使うダンボールは、どうやって用意すればいいの?」


こんにちは!
引越し情報専門サイト「引越しママのみかた」を管理&運営している、よしみです。
 

引越しの荷造りに必要なのが、ダンボールです。
どれだけダンボールの数が必要になるかは、実際に荷物を梱包してみないとわからないので、早めに準備していきたいですよね。

引っ越しママ

ダンボールが無料で欲しいんだけど、どうすればいいの?

引っ越しプロ

町のスーパーでももらえますが、やっぱり引越し業者から無料でもらうのが一番ですよ!

今回は、引越し用のダンボールを無料でもらう方法についてまとめてみました。
ぜひ、最後まで目を通してくださいね!

引越し用のダンボールをもらう3つの方法

引越しでは、荷造りにダンボールが必要になりますよね。
引越し用のダンボールって、どれくらい必要なんでしょうか?

一般的に、必要なダンボールの数は、1人あたり15個から20個といわれています。
たとえば、3人家族なら45個から60個となりますね。

引っ越しママ

こうやってみると、ダンボールって、たくさんいるんだね!

これだけ必要なダンボールを、普通にAmazonなどで購入しようとすると、おいくらになるのか計算してみたところ……

Amazonではダンボール10枚で2000円くらいなので、なんとダンボール代だけで1万円くらいかかってしまいます!
これはキビシイですね。
だからこそ、引越し用のダンボールは、できるだけ無料で手に入れたいですよね。

ということで、ダンボールを無料でもらえるのは、こちらです!

・スーパー
・ドラッグストア
・コンビニ

それでは、順番にみていきましょう!

1:スーパーでもらう

スーパーでは、野菜やお菓子などのダンボールが毎日出るので、それをもらうことができます。

わたしの家の近くの大型スーパーでは、「ご自由にお取りください」と張り紙が貼ってあって、ダンボールを自由にもらえるようになっています。

いちおう建前としては、「スーパーで買い物をした荷物を運ぶ用」なので「お買い上げ商品のお持ち帰り以外でのご利用はご遠慮ください」と書いてはありますが……

ぶっちゃけ、呼び止められたことは、一度もありません(;^ω^)

とはいっても、一度にたくさんのダンボールを持って帰ることは、さすがにマナー違反。
ということで「毎日1個」というように、計画的にもらってくるのがおすすめです。

注意点

スーパーのダンボールは「ゴキブリの卵が産みつけられている可能性がある」という情報があります。
新しいお部屋にゴキブリを招き入れては大変です!
注意してくださいね。

出典:https://hikkoshizamurai.jp/useful/free-cardboard/

2:ドラッグストアでもらう

ドラッグストアでは、化粧品やペットフードなどのダンボールをもらえます。

「店員さんにお願いしたところ、こころよくダンボール置き場に案内してくれて、すきなダンボールをもって帰れた」という体験談もあります。
とくに、ペットフードのダンボールは、丈夫で使い勝手がよいサイズだったそうですよ!

店員さんにダンボールをもらうときには「引越しに使うので、よかったら余っているダンボールをいただけませんか?」と丁寧にお願いしてみましょう!

出典:https://hikkoshizamurai.jp/useful/free-cardboard/

3:コンビニでもらう

3つめはコンビニです。
コンビニでは、ごみの回収日ではない日で、タイミングがあえばダンボールをもらえるという体験談がありました。

ただし、コンビニのダンボールはサイズが小さかったり、紙が薄くて強度がなかったりと、引越しの梱包に使えるダンボールが限定されるようです。

コンビニでダンボールをもらうときの注意点ですが、高校生のバイトに伝えても難しいと思うので、あるていど店員を選んでお願いするとよいかもしれません。

また、忙しい店舗や時間帯は、さけたほうがよさそうですね。

家電量販店やホームセンターは?

ヤマダ電機などの大型家電量販店や、ニトリやカインズホームなどホームセンターなどでも、ダンボールをもらえるのでしょうか?

わたしのきいたところ、家電量販店でダンボールをもらうのは「会社の方針」や「配送に使う」という理由で、難しいみたいですよ。

引越し業者でダンボールをもらうのがおすすめ

ここまで、ダンボールを無料でもらう3つの方法を紹介してきました。

しかし、ここまで紹介しておいてナンですが、ダンボールを無料でもらうのに一番のおすすめは、じつは引越し業者からもらうことです!

無料といっても、「引越し業者と契約したらもらえる」という意味なので「それ、無料じゃないじゃん!」という声が聞こえてきそうですね(;^ω^)

でも、引越しを業者に依頼するのなら、この方法が本当に一番です。
引越し業者のダンボールは、なんといっても引越し専用ダンボールなので使い勝手がいいですし、丈夫さも文句なしです。

これまで紹介した方法では、外から自宅までダンボールを持って帰らなければいけない手間がかかりますが、それもないのでラクです!

引越し業者でもらえる無料のダンボールの数とサイズ

業者別ダンボール一覧表
業者名 個数 M(大)サイズ S(小)サイズ 返却
サカイ 最高50箱
(大小2種)
奥行35cm
幅52cm
高さ34cm
奥行32cm
幅35cm
高さ34cm
1,000円
アート 家族50枚
単身10枚
奥行35cm
幅50.5cm
高さ35cm
奥行35cm
幅35cm
高さ35cm
無料
日通 単身パック
当日便のみ10枚
奥行34.3cm
幅51.7cm
高さ34.3cm
奥行34.3cm
幅34.3cm
高さ34.3cm
無料
ハトのマーク 調査中 奥行35cm
幅50cm
高さ50cm
奥行35cm
幅50cm
高さ25cm
無料
アリさんマーク 最大50枚 調査中 調査中 調査中
ハート 50枚まで 奥行38cm
幅49cm
高さ35cm
奥行34cm
幅39cm
高さ31cm
無料
アーク 最大50枚 調査中 調査中 調査中

ダンボールのサイズについては、下の記事でもくわしく紹介しているので、あわせて読んでみてください。

引越し業者別ダンボールの大きさ・数・回収方法・サイズ別の荷造り方法まとめ!

2019.01.16

引越し業者からダンボールを無料でもらうには?

引越し業者からダンボールを無料でもらう方法ですが、たいていの営業マンは、車の中にダンボールを積んで見積もりにやってきます。

ですので契約をしたら、その場で引越しに必要なダンボールをもらえます。

ダンボールを無料でもらう手順

1:一括見積もりサービスであいみつを申し込む

2:数社の引越業者が見積もりにくる

3:比較して一番条件のよい業者と契約する

4:その場でダンボールが無料でもらえる

ダンボールが足りなくなった場合の対処法をプロに聞いた

引越し業者の公式発表では、無料でもらえるダンボールは最大で50枚ということでした。

でも、実際に荷物を梱包していって、ダンボールが50個では足りない場合も全然あります。

もしもダンボールが足りなくなった場合に、有料でダンボールを購入するなんてしたくないですし、スーパーまで行ってダンボールをもらってくるのも、めんどうくさいですよね。

荷造りしてダンボールが足りない場合には、どうすればいいのか、引越しプロに聞いてみました。

ダンボールが足りない場合は?

引っ越しママ

ダンボールが足りなくなったら、どうすればいいですか?

最初にあいみつするときに、うまく交渉するといいですよ。
中古のダンボールにはなりますが、追加ダンボールを無料でもらえます。

中古のダンボールは、前に使ったお客様の注意書きやガムテープをはがした跡がありますが、強度的には問題ないので安心してくださいね。

引越し業者にダンボールをもらうときの注意点

引越し業者にダンボールをもらうときは、以下を確認してください。

ポイント!

・ダンボールが足りなくなったら、追加で無料でもらえるのか?

・追加分のダンボールは、自宅まで持ってきてくれるのか

わたしの友人が、サカイ引越センターを利用したときの話です。
ダンボールが足りなくなったので連絡したところ、追加のダンボールが無料でもらえたんですが、中古のダンボールでした。

また、自宅に持ってきてくれるのではなく、「営業所まで自力で取りにきてください」といわれたそうです。

この話を引越しプロに聞いてみました。

引っ越しママ

ダンボールを取りに行くって、車がなかったら難しいですよね!?

引っ越しプロ

その方は交渉が下手だったんだと思います。
見積もりの時点で「足りなかったら持ってきてもらう」と約束しておきましょう。

ということで、見積もりのときには、しっかり確認しておいてくださいね!

ガムテープも無料でもらえる

さらに、引越し業者ではガムテープも無料でもらえます。
時間のかかる荷造りが、ずいぶんラクになりますね!

ガムテープをもらえる個数については、見積もり時に確認してください。

まとめ

引越しに必要なダンボールを、無料でもらう方法についてみてきました。

このように、ダンボールはスーパーやドラッグストアでも無料でもらえますが、わざわざ家まで何十回も往復して何十個ものダンボールを持って帰るのは大変です。

だから、やっぱり引越し用のダンボールは、引越し業者から専用ダンボールを無料でもらうのがおすすめです。

ただし、ダンボールをもらえる個数は業者によって違うので、必要なダンボールをぜんぶ無料でもらうために、一括見積もりサービスを使って複数の業者で見積もりをして、一番条件の良い引越し業者を選んでくださいね!

 


引越し料金を安くする裏ワザを、10年連続で営業成績1位のプロが、特別にいまだけ公開中!
「勤務してる会社はナイショ」という条件で、ぶっちゃけで引越し業界のウラ話を暴露してくれました!
引越しで損をしたくないママさんは、かならずよんで!
引越しの裏ワザ!安く引越す方法を10年連続全国1位のプロに聞いた!

この記事に登場する専門家

ほんとに全国一位だ!

営業成績10年連続全国1位
引越しプロ:Dさん(本名非公開)
2006年より、とある大手引越し会社の営業を担当。営業成績10年連続全国1位を達成。現在、営業管理職。これまでの豊富な経験を元に、引越しのぶっちゃけ節約術を、こっそりとシェア。好きな食べ物は、広島風お好み焼き。現在、二児のパパ。