料金・費用

ワンルーム・1K・1DKの引越し料金相場と引越しを安くするコツを紹介!

この記事を書いた人

現役の引越し営業マン
某引越会社の社員:中村
2006年より、某大手引越会社の営業を担当している現役の営業マン。営業成績10年連続全国1位。これまでの豊富な経験を元に、安くかしこく引越しするための裏事情をシェア(会社にはナイショ)。

ワンルーム・1K・1DKの引越し料金の相場をしりたい!」
「単身で引越しを安くするコツは?」

こんにちは!
引越し情報専門サイト「引越しママのみかた」を管理&運営している、某引越会社の社員の中村と申します。

 

引越しに伴う初期費用は一般的に「家賃の約6倍かかる」といわれています。
例えば、新居の家賃が8万円なら、8万円×6ヶ月で、総額48万円は必要。
意外と、かかりますよね。

そう考えると、できる限り引越し料金を安くしたいところ。
そのためには、どうすればいいのか気になりますよね。

引越しママ

どういう方法なら、引越しを一番安くできるかな?

引越しプロ

荷物が少なめなワンルームマンションの引越しなら、自力・宅急便・単身パックを使うなどの方法がありますね!

そこでこの記事では、ワンルーム・1K・1DKの引越料金の相場引越し料金を安くするコツについて、営業成績が10年連続1位の引越しのプロフェッショナルが解説します。
ぜひ、最後まで目を通してくださいね!

1:ワンルーム・1K・1DKの違いって?

最初に、ワンルーム・1K・1DKの違いについて、ざっと見ておきましょう。

ワンルーム(1R) キッチンと居間が1つの部屋で構成された間取り
1K キッチンと居間との間に仕切りが追加された間取り
1DK キッチンと居間のそれぞれに4.5~8畳未満の広さがある間取り

ワンルーム・1K・1DKの違いは、このようになります。
部屋の広さでいうと、

ワンルーム=1K<1DK

という感じですね。
ワンルームと1Kは、仕切りがあるかないかの違い。
1DKは、それよりキッチン部屋が広い間取りです。

「公益社団法人 首都圏不動産公正取引協議会」によると、DKの基準は「居室(寝室)数1部屋で(キッチンの部屋が)4.5畳、2部屋以上で6畳以上」とされています。

関連:公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会

引越しプロ

ちなみにDKとは「ダイニング・キッチン」の略で、住居における「食堂と台所」という意味なんですよ。

1-1:ワンルームの間取り

出典:https://suumo.jp

ワンルーム(1R)は、居住スペースとキッチンが1部屋になっている間取りの部屋のこと。
玄関を開けると、そのまま部屋が見えるようなタイプです。

ワンルームは、あまり料理をしない方におすすめですね。

1-2:1Kの間取り

出典:https://suumo.jp

1Kは、キッチンと居住スペースの間に、仕切りがあるタイプのお部屋です。
ワンルームと違って、玄関を開けても部屋の中が見えない間取りです。

設備や面積はワンルームと変わらないのですが、トイレの音や料理をしているときの臭いが部屋に届きにくいのが、1Kのメリットですね。

1-3:1DKの間取り

出典:https://suumo.jp

1DKは、1Kのキッチンのスペースが広くなった間取りです。
1Kはキッチンスペースが4.5畳未満ですが、1DKはキッチンスペースが4.5~8畳未満の広さになります。

1DKは、キッチンスペースにテーブルや家具を置いても空間に余裕があります。

2:ワンルーム・1Kで安く引越す方法

それでは、おすすめの引越しの方法について見ていきましょう。
ワンルーム・1Kのオススメの引越し方法は、以下の3つです。

  • 宅急便を使う
  • 自力で運ぶ
  • 引越し会社の単身パックを使う

2-1:宅急便

出典:クロネコヤマト 料金表

運ぶ荷物がダンボールで数箱なのであれば、宅急便を使うのが便利です。
私も、ダンボールを数箱まで減らして、宅急便で引越しをしたことがあります。

クロネコヤマトの場合、宅急便センター・取扱店・コンビニエンスストアへ荷物を持ち込むと荷物一個につき100円が割引になります。

でも、そこまで荷物を持っていくのは大変なので、素直に自宅まで取りに来てもらうのがおすすめ。

例えば東京から大阪までダンボール5箱(100サイズ)の場合、1,469円×5=7,345円で引越しできます。

ダンボールについては、以下の記事を参考にしてみてください。

引越し業者でダンボールを無料でもらえるの?ダンボールを無料でもらう3つの方法 「引越し用のダンボールが無料でほしい!」 「引越しに使うダンボールは、どうやって用意すればいいの?」 引越しの荷...

2-2:自力で運ぶ

新しいお部屋が近場なのであれば、安く引越しできるのは自力で運ぶ方法です。

ニッポンレンタカーのバン・トラックの料金を見ると以下になります。

レンタカーの相場
  ワンボックス・バン ワンボックスバン・ロング 軽トラック
 
3時間まで 4,968円 8,748円 4,968円
6時間まで 6,048円 10,908円 6,048円
参照:ニッポンレンタカー 通常期・一般料金・安心コースでの検索結果。

私は、近場だったのでレンタカーを使って、自力で引越したことがあります。
レンタカーの自力であれば、1万円~で引越しできます。

私が引越しをした時はバンを使いましたが、荷物の量をけっこう減らしたつもりだったのに、想像以上の回数を往復することになって(たしか10回くらい)、「こんなに往復するのか!」ってビックリしました(!)

近場で体力と時間と自信があるなら自力でおこない、自信がないなら引越し会社に依頼するのがおすすめですね(笑)

2-3:引越し会社の単身パック

ワンルーム・1Kの引越しでは、「単身パック」を使う方法もあります。

単身パックは、荷物をコンテナに収まるだけの量で運送する格安サービスです。

単身パックを提供している大手引越し会社は、主に以下になります。

会社 コンテナのサイズ 料金
日通S 横幅108㎝
奥行74㎝
高さ155㎝
15,000円~
日通L 横幅108㎝
奥行104㎝
高さ175㎝
16,000円~
サカイ 横幅105㎝
奥行75㎝
高さ145㎝
要問合せ
ハトのマーク 横幅110㎝
奥行80㎝
高さ170㎝
要問合せ

単身パックは、以下の方におすすめです。

  • 引越し料金を、とにかく安くしたい方
  • 最小限の荷物だけ運びたい方
  • 必要なものは、引越し先の現地で購入したい方

単身パックは15,000円~で引越しできます。

単身パックについては以下のページでくわしく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

引越し単身パックの料金はどこが一番安い?単身パックの料金相場と安くする4つのコツ 「引越しの単身パックは、どこが一番安いの?」 単身で荷物が少ない場合は、「単身パック」を使う引越しが、一番安くすみ...

3:1DKで安く引越す方法

1DKの引越しであれば、単身パックでは荷物が収まりきらないでしょう。
そのため、1DKの部屋から引越すのであれば、引越し会社に依頼するのがおすすめです。

荷物の量が多い場合、レンタカーや自家用車を使っての自力での引越しは、難しいです。

先ほどもいいましたが、自力の場合は荷物が1度に運べないので、何度も往復することになります。

それでも引越し先が近場なら、なんとかなります。
でも、10km以上離れていては1往復で1時間はかかるので、そうとうツライ作業になりますよ(笑)

ですから、1DKの場合は引越し会社に依頼するのがおすすめです。

4:ワンルーム・1K・1DKの引越し料金相場

それでは、引越し会社に引越しを依頼した場合には、いくらくらい費用がかかるのかを見てみましょう。

不動産サイトSUUMOにワンルーム・1K・1DKの引越し料金相場のデータがあったので、まとめてみました。

ただ、引越し料金は、距離・時期・荷物料・その他オプションによって違ってきます。
また、同じ条件でも引越し会社によって料金が違ってきます

そのため、以下の料金相場は、あくまで目安だと思ってくださいね。

4-1:ワンルームの引越し料金相場

ワンルーム(単身・荷物少)の料金相場
引越し距離 5月~1月の引越し 2月~4月の引越し
~15km未満 36,323円 39,716円
~50km未満 37,312円 45,619円
~200km未満 45,029円 53,886円
~500km未満 48,042円 56,226円
~500km以上 55,015円 65,864円
出典:SUUMO

ワンルームの引越し相場は3.6万円~6.5万円となっています。

4-2:1K・1DKの引越し料金相場

1K・1DK(単身・荷物大)の料金相場
引越し距離 5月~1月の引越し 3月・4月の引越し
~15km未満 39,772円 52,748円(※)
~50km未満 42,538円 47,171円
~200km未満 66,337円 100,680円(※)
~500km未満 80,333円 88,366円
~500km以上 94,237円 115,611円
出典:SUUMO※はデータがおかしいと思われます。

1K・1DKの引越し料金相場は3.9万円~11.5万円となっています。

5:引越しを安くするコツ

先ほども説明したように、引越しの料金は荷物の量・移動距離・時期によって変わりますし、同じ条件でも引越し会社によって変わります。

「同じ条件で変わる」というのも不思議な話ですが、上の料金はあくまで目安の相場です。

つまり、もっと高い見積もりを出すところもあれば、もっと安く引越しできる会社もあるということです。

そこで、どうすれば安く引越しができるのか、そのコツを解説しましょう。

5-1:あいみつする

引越し料金を安くするには、複数の引越し会社から見積もりをとる「あいみつ(相見積もり)」を、必ず行ってください。

私たち引越しの営業というのは、言い方は悪いですが、お客様を見て料金を決めています。

最初に見積もりでお出しする金額は「あえて高め」を出しています。
そこで「高いね」と言ってもらって、値引くことを前提で最初の料金を出しているんです。

もし見積もりが1社だけだと相場がわからないですし、「このお客さんは、ウチしか見積もりを出してないんだな!」というのがわかると、料金を下げる必要もなくなります。

ですから、複数の会社で見積もりを出して、「A社では8万円だったので、もう少し勉強してもらえないか?」といって価格を競わせるように交渉してください。

5-2:引越しの開始時間帯を会社に任せる

テレビで引越しを安くするコツとして、専門家(?)が出てきて、こんなことを言ってました(笑)

「ズバリ、日時を会社にお任せするんです!」

「引越しというのは、多い日と少ない日があって、スケジュールを均等に入れたいのが引越し会社の本音なので、日時を会社に任せることで、なんとこんなにお安くなるんです!」

そんなことを言っているのをテレビで見たことがあるんですが、まぁ、その通りです(笑)
空いてる日、時間をお任せするのが、引越しの料金を安くするコツですね。

5-3:安い日を聞く

引越しの定価は、高い時期と安い時期があります。
年間でいうと安い月は1月、6月、11月です。
月末よりは、月初から月中が安く、曜日でいうと月曜から木曜の平日が安いです。

このように、引越しは安い時期があります。
そこで、空いている日を会社に聞いて、うまくあなたの引越し日程とマッチングできれば、特別価格にしてくれることがあります。

会社の空いている日を狙えば、大幅な割引が狙えますよ。

6:まとめ

荷物の量が少なめのワンルーム・1Kの引越しであれば、近場なら自力、中・長距離なら単身パックを利用するのが、料金が安くておすすめです。

荷物の量が多いワンルーム・1Kや1DKの引越しであれば、引越し会社に依頼するのがおすすめです。

引越し料金を安くしたい場合は、かならず複数の会社で「あいみつ」して料金を比較しましょう。

一括見積もりサービスを使えば、効率よく各社であいみつができるので、最安値を出してくる会社が一目で簡単にわかります。

また、その料金を他の会社に伝えて価格を競争させることで、さらに引越しの料金を安くできます。
条件によりますが、最大で55%も安くなることもあります!

一括見積もりサービスは無料なので、そちらを利用して一番条件のよい会社を見つけてくださいね!

引越しの見積もり料金は、一番高い会社と一番安い会社の差額が、なんと20万円を超えることがあります(家族で県外引越しの場合)

あいみつをするとだいたい20%~50%は価格が下がるので、複数社で見積もりを比較しなければ、何万円も損をしてしまいます。

そのため、引越しが決まったら、複数の引越し会社から見積もりをとる「あいみつ(相見積もり)」を、かならず行いましょう!

あいみつをする理由
  1. 最初は、どの会社も「あえて高め」の料金を提示する
  2. 「見積もりが1社だけ」だと、価格は下がらない
  3. だから、数社で価格を競わせる
  4. そのことで引越し料金を何万円も節約できる

ですが、あいみつは時間がかかるのがデメリット
200社以上もある引越し会社を、自分で探して1つ1つ連絡するのは大変です。

そこでオススメなのが一括見積もりサービスです。


一括見積もりサービスは、入力が30秒でラクなのがポイント。
しかも無料で使えるサービスです!

「引越し達人」

荷物入力の項目がないのでラクラク!
入力を簡単にすませたいママにおすすめ!

「引越し達人」のポイント!
  1. 入力がたったの30秒
  2. ヤマト・サカイなど210社以上の引越し会社を徹底比較できる!
  3. 引越代金が最大55%OFF!
  4. 最大6万円のお祝い金などの特典がもらえる!

\引越し料金が最大55%オフ!/

30秒で入力できる
「引越し達人」はこちら
(無料)

↑ ↑ ↑

※アクセスが集中していて読み込みに時間がかかる場合があります。

「SUUMO引越し見積もり」

電話番号の入力が不要!
メールのみで対応したいママはコチラ!

SUUMO引越し見積もり」は、他の一括見積もりサービスに比べて「電話番号の入力」がないので、メールで気楽に見積もりを比較できるのがポイント。

SUUMO引越し見積もり」で見積もりすると引越し料金が最大50%オフになるので、引越し料金を安く抑えることができます!

「SUUMO(スーモ)」のポイント!
  1. 電話なし!メールのみで見積もり!
  2. 見積もり先を自分で選べる!
  3. 引越代金が最大50%OFF!

\引越し料金が最大50%オフ!/

電話番号の登録がいらない
「SUUMO」はこちら
(無料)

↑ ↑ ↑

※アクセスが集中していて読み込みに時間がかかる場合があります。

引越し一括見積もりサービスの利用の流れ

引越し一括見積もりサービスの使い方は簡単です。
24時間いつでも受付可能で、対応も迅速なので、引越しまで時間がないかたでも安心です!

1:必要事項を入力

引越し先の住所、建物タイプ、引越し予定日、人数、名前、メールアドレスなどを入力するだけ。
入力は簡単で、最短で30秒です。

2:比較して検討する

同じ条件でも、引越し会社によって料金のばらつきがあります。

一括見積もりサービスには、大手のサカイ引越センターやアート引越センターだけでなく、地域に密着したサービスも価格も優良な中堅会社まで、厳しい審査基準をクリアした200社以上の信頼できる会社が登録しています。

その中からあなたの条件に対応できて、他社に負けない自信がある数社が見積もりを出してくるので、一番条件のよいところを比較して検討しましょう。

見積もり料金に納得できない会社は、断ったり、スルーしたりして大丈夫ですよ。

引越し訪問見積もり後の断り方!上手なキャンセル方法をプロが解説!「引越し会社さんの訪問見積もりを受けた後、契約しない会社の上手な断り方は?」 「電話が苦手なので、メールで断っても大丈夫?」 「そも...

安い会社を2~3社ピックアップできたら、そこから値下げ交渉をします。

出された見積もり料金で会社同士を競わせないと、価格を安くできません。
このように相見積もりをすることで、最大で55%も安くなります!

3:引越しする

引越し会社が決まったら、引越しです。
あたらしい生活のスタートです!

このサイトの運営者(引越し専門家)

営業成績10年連続全国1位
某引越会社の社員:中村
2006年より、某大手引越会社の営業を担当。営業成績10年連続全国1位を達成。現在、営業管理職。これまでの豊富な経験を元に、引越し内部事情を、こっそりとシェア(会社にはナイショ)。好きな食べ物は、サラダチキンと玄米。現在、二児のパパ。

おすすめの人気記事

あなたはテレビの報道などで「引越し難民」が急増していると聞いたことがありませんか?

近年、3月中旬から4月上旬にかけて、引越しをしようとしても引越し会社が見つけられず「引越しをしたいのに、引越しができない!」という方があふれていることが社会問題になっています。

「引越し繁忙期の予約は、いつからすれば間に合うの?」
引越し難民にならない方法を公開します!
引越し繁忙期の予約はいつから!?引越し難民にならない方法【プロが警告】

あなたは、引越しの一括見積もりサービスを使うと、「鬼電話がじゃんじゃんかかってきてヤバイ!」という口コミが多いのを知っていますか?

こうなってしまう原因は、一括見積もりサービスの正しい使い方を知らないから。

そこで引越しのプロが、電話攻撃を受けずに一括見積もりサービスを利用する3つの方法を解説します!
引越し一括見積もりサービスの正しい使い方!ヤバイ電話攻撃を防ぐ3つの方法をプロが解説

引越し料金を安くする裏ワザを、10年連続で営業成績1位のプロが、特別にいまだけ公開中!

引越し業界のウラ話を暴露します!
引越しで損をしたくないママさんは、かならず読んで!
引越しの裏ワザ!安く引越す方法を10年連続全国1位のプロが公開

関連記事