引っ越し当日にやること

引っ越しママ

この記事では、引っ越し当日にやることをご紹介します!

引っ越し当日にやることは、以下になります。

  1. スタート準備
  2. 荷物の搬出
  3. 電気・ガス・水道の使用停止
  4. 旧居の掃除と忘れ物のチェック
  5. 明け渡しと鍵の返却
  6. 新居のカギをもらう
  7. 荷物の搬入
  8. 電気・ガス・水道の使用開始
  9. 引っ越しの挨拶

この前段階となる「引っ越し前日までにやること」については、以下の記事をご覧くださいね!
↓↓↓

引っ越し前日までにやること

2018.10.06

スタート準備

いよいよ引っ越し当日です。寝具はふとん袋に入れて、使い終わった洗面用具は前日に用意したダンボールに入れます。

服装は動きやすいもので、靴は脱いだり履いたりすることが多いので、ひもなしの着脱しやすいものがベターです!

引っ越しママ

引っ越しの時はサンダルがいいわね!

引っ越しプロ

サッと履いたり脱いだりできる靴がべんりですね!

荷物の搬出

引っ越し業者によっては、見取り図を書く用紙がもらえることも。これを書いてスタッフに渡すと、当日の引っ越しがスムーズに運びます。

引っ越し会社が到着したら、引っ越しの段取りを確認します。そのさい、引っ越し先の家具のレイアウトを書いた見取り図を渡しておくとスムーズです。

大きな家具は業者に任せましょう。素人が行うと、かえってジャマになるだけです。基本的にトラックへの積み込みはスタッフに任せて、あなたは指示を出したり、部屋から玄関までダンボールを運んだりすることを行いましょう。

引っ越しプロ

お客様は指示出しに徹してもらった方が、スムーズです。

電気・ガス・水道の使用停止

電気・ガス・水道は引っ越しの3日前までには連絡しているので、当日は係員がやってくる段取りになっています。

使用メーター確認の後に電気や水道を使うことがありますが、掃除に使う程度なら料金は発生しません。ただしガスは元栓を閉めるので、使えなくなります。

電気の精算

引っ越し当日は、ブレーカーを「切(OFF)」にします。引っ越しまでの電気料金は、日割り計算になります。立ち合いは、基本的に不要です。

ガスの清算

ガスメーターまで係員が立ち入りできる場合は、立ち合いは不要です。都合が合わない場合は、大家さんや管理人など代理人でも大丈夫です。

水道の精算

引っ越し当日に、水道局の係員が水道メーターを確認して料金の精算を行います。基本的に、立ち合いは不要です。

旧居の掃除と忘れ物のチェック

掃除は、前日までになるべく終わらせておきます。でも、荷物があるとできない部分もありますので、当日に荷物の運び出しがすんだ部屋から、どんどんはじめます。

荷物の搬出、掃除が終わったら、最後に忘れ物がないか確認します。流しの下、押し入れの奥、ベランダ、物干し竿、自転車、表札などなど、見落としに注意しましょう。

明け渡しと鍵の返却

荷物の搬入、掃除がすべて終わったら、鍵の受け渡しです。タイミングについては、解約予告の時点で、大家さんと打ち合わせをしておきます。

当日は、大家さん立ち合いで修繕箇所など部屋の確認をします。そこで修繕費の見積もりが出ます。納得がいかなければ交渉をして、納得がいったら名前を書いて印鑑を押します。

大家さんに鍵を返却して、新居に向かいましょう!

新居の鍵をもらう

新居に向かう前に、不動産屋さんから部屋の鍵をもらいましょう。事前に郵送で送られてくる場合もあります。

荷物の搬入

荷物の搬入にあたっては、見積もりの段階で搬入の開始時間の段取りを、打ち合わせておきましょう。

パターンとしては、

1:搬入に立ち会った人が移動して立ち会う場合

2:先に入っていた人が立ち会う(搬出に立ち会った人は後から合流)場合

があります。

1の場合は、移動にどれくらい時間がかかるかを想定して、搬入開始時間を打ち合わせておきます。

電気・ガス・水道の使用開始

電気・水道は事前に連絡をしておけば、当日から使用できる状態になります。ガスは管理会社の立ち合いのもとに開栓が行われます。

電気の使用開始

1:アンペアブレーカーのつまみをONにします。
2:漏電遮断器のつまみをONにします。
3:配電遮断機のつまみをONにします。

電気がついたら、備え付けの「電気使用開始連絡はがき」に必要事項を記入してポストに投函します。

ガスの使用開始

ガスは、ガス会社の立ち合いの元に開栓します。係員はガスの元栓を開けるとともに、ガスの種類があっているかなどの安全点検を行います。荷物を搬入したら、ガスコンロをすぐに取り出しておきましょう。

水道の使用開始

メーターボックスの水止め栓を左に回せば水が出るようになります。水が出たら備え付けの「水道使用開始申込書(はがき)」に必要事項を記入してポストに投函します。

引っ越しの挨拶

引っ越したら、大家さんやご近所に挨拶に行きましょう。できればその日のうちか、翌日には済ませておきたいところです。

引っ越し前に用意しておいたお菓子をもって「今度、引っ越してきた○○です。よろしくお願いします」と挨拶しましょう。夫婦なら、2人そろって、家族なら子供も連れていくのがベターです。

挨拶の範囲は、一戸建てでは向こう三軒両隣、アパート・マンションでは両隣と上下階の部屋が一般的です。

まとめ

「引っ越し当日にやること」でした。やることが多いので、前日までに流れを把握しておいて、当日は段取りよく引っ越し作業をすすめていきましょう!

次のパートへ進む
↓↓↓

引っ越し後から14日以内にやること

2018.10.08

私が引っ越しの見積もりを調べたとき、一番高い業者と一番安い業者の差額は、ナント6万円を超えました!(家族で県外引っ越し)

私が利用したのは、「引っ越し達人」という一括見積もりサービス。

引っ越し達人」は、他の一括見積もりサービスに比べて「荷物量の入力」がないので、入力が30秒でラクなのがポイント。しかも無料で使えるサービスです。

引っ越し達人」で見積もりすると引っ越し料金が最大55%オフになるので、引っ越し料金を安く抑えるために、かならずこのサービスを使いましょう!

「引っ越し達人」

荷物入力の項目がないので、
入力がとにかく簡単!

おすすめポイント!

  1. 入力がたったの30秒!
  2. 210社以上の引越し会社を徹底比較できる!
  3. 引越代金が最大55%OFF!
  4. 最大6万円のお祝い金などの特典がもらえる!

\引っ越し料金が最大55%オフ!/

「引っ越し達人」で
あいみつしてみる
(無料)

↑見積もりをとるにはクリック↑
※アクセスが集中していて、クリック後に読み込みまでに時間がかかる場合があります。

「SUUMO引越し見積もり」

電話番号の入力が不要!
メールのみで対応したい方に!

おすすめポイント!

  1. 電話なし!メールのみで見積もり!
  2. 見積もり先を自分で選べる!
  3. 引越代金が最大50%OFF!

SUUMO引越し見積もり」は、他の一括見積もりサービスに比べて「電話番号の入力」がないので、メールで気楽に見積もりを比較できるのがポイント。

SUUMO引越し見積もり」で見積もりすると引っ越し料金が最大50%オフになるので、引っ越し料金を安く抑えることができます!

\引っ越し料金が最大50%オフ!/

「SUUMO」で
あいみつしてみる
(無料)

↑見積もりをとるにはクリック↑
※アクセスが集中していて、クリック後に読み込みまでに時間がかかる場合があります。

この記事に登場する専門家

引っ越し営業実績No.1
引っ越しプロ:Dさん
2006年より、とある大手引っ越し会社の営業を担当。営業成績10年連続NO.1を達成。現在、営業管理職。これまでの豊富な経験を元に、引っ越しのぶっちゃけ節約術を、こっそりとシェア。好きな食べ物は、広島風お好み焼き。現在、二児のパパ。

おすすめの記事!

一括見積もりサービスを使った口コミ