引越し時のバイク(原付・軽二輪・小型二輪)の住所変更手続き!ナンバープレートは変更するの?

※この記事は某引越業者の営業主任 Dさん(本名非公開)が監修しています。

軽二輪バイク「引越したら、バイクの住所変更手続きはどうすればいいの?」
「ナンバープレートは変更するの?」


こんにちは!
引越し情報専門サイト「引越しママのみかた」を管理&運営している、よしみです。
 

引越しをするときには、いろいろな手続きが必要になりますが、バイクの住所変更手続きもそのひとつ。

ただ、ひとくちにバイクといっても、バイクの排気量によって手続き場所や方法が変わります。
また、引越し先の住所によっても、ナンバープレートを変更する・しないなどの手続き内容が変わります。

引っ越しママ

バイクの住所変更手続きって、なんか複雑なかんじだな~

引っ越しプロ

なので、わかりやすくまとめました!

そこでこの記事では、

  • 原付バイク(50cc~125cc以下)
  • 軽二輪バイク(126cc~250cc)
  • 小型二輪バイク(251cc以上)

と、それぞれの排気量ごとに、バイクの住所変更の手続きをまとめてみました。
ぜひ、最後まで目を通してくださいね!

バイクの種類によって住所変更の手続き先が違う

先ほどもいったように、バイクの排気量によって住所変更の手続き先が変わります。

原付バイクは、市区町村で管轄しています。
軽二輪と小型二輪は、陸運局で管轄しています。

間違えないようにしてくださいね!

原付バイク(50cc~125cc以下)の住所変更手続き

排気量が50cc~125cc、電動バイクの場合は定格出力1.0kw以下のバイクを、原動機付自転車=原付バイクといいます。

原付バイクの手続きは、市内での引越しなのか、市外への引越しなのかで、それぞれ手続きの流れが変わります。

市内へ引越す場合の原付バイクの手続きは1ステップ

原付バイクの手続き(市内に引越すケース)
手続き場所 引越し後の役所
期限 引越し後15日以内
必要なもの
  • 転居届
提出者 本人・代理人

市内に引越す場合(市区町村の役所が変わらない場合)の原付バイクの手続きは、簡単です。
引越し後に、役所に転居届を提出するだけです。
ナンバープレートの変更はなく、そのまま使用できます。

市外へ引越す場合の原付バイクの手続きは、基本は2ステップ

市外に引越す場合(市区町村の役所が変わる場合)の原付バイクの手続きは、基本は2ステップです。

1:引越し前の役所で、廃車の手続き
2:引越し後の役所で、登録の手続き

ただし、引越し後の役所だけでも手続きが可能なので(後述します)、そちらの方がラクなのでおすすめです。

1:引越し前の原付バイクの手続き(廃車)

原付バイクの手続き(市外・引越し前)
手続き場所 引越し前の役所
期限 引越し後15日以内
必要なもの
  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書(ナンバーが交付されたときにもらっている書類)
  • 印鑑(認め印でOK)
  • 軽自動車税申告書(窓口)
  • 身分証(免許証や住民票)
  • 代理人の委任状は不要
提出者 本人・代理人

引越し前の役所で、廃車の手続きを行ってナンバープレートを返納します。
そのさい、廃車証明書をもらいます。

2:引越し後の原付バイクの手続き(登録)

原付バイクの手続き(市外・引越し後)
手続き場所 引越し後の役所
期限 引越し後15日以内
必要なもの
  • 廃車証明書
  • 標識交付証明書
  • 新しい住所の住民票(発行から3ヶ月以内)
  • 印鑑
  • 代理人の委任状は不要
提出者 本人・代理人

引越し後の役所で、登録の手続きを行います。
引越し前の役所でもらった廃車証明書を提出して、新しいナンバープレートを発行してもらいます。

引越し後の役所で原付バイクの廃車・登録の手続きを同時に行うのがおすすめ

原付バイクの手続きは、基本の2ステップのやり方だと、廃車手続きをした後は原付バイクに乗れなくなってしまいます。
そうすると、役所から原付バイクに乗って帰れなくなりますよね。

先ほど紹介したとおり、じつは引越し後の役所だけで廃車・登録の手続きを一括して行うことができます。
効率がいいので、引越し後に役所に行くのがおすすめです。

軽二輪バイク(126cc~250cc)

排気量が126cc~250cc、電動バイクの場合は定格出力1.0kw超のバイクのことを、軽二輪バイクといいます。

ポイント!


軽二輪バイクには車検がありません。
住所変更のときに自賠責保険が有効である必要があります。
もし期限切れの場合は、新たに加入してください。
コンビニでも、自賠責保険への加入手続きができます。

軽二輪バイクの必要書類

軽二輪バイクの手続き
手続き場所 陸運局
期限 引越し後15日以内
必要なもの
  • 軽自動車届出済証(ナンバーが交付されたときにもらっている書類)
  • 自賠責保険証明書
  • 新しい住所の住民票(発行から3ヶ月以内)
  • 印鑑(所有者と使用者が違う場合両方の印鑑が必要)
  • ナンバープレート(管轄の陸運局が変わる場合)
  • 代理人の委任状は不要

■ナンバーが変わる場合

  • 軽自動車届出済証返納届(購入)
  • 軽自動車届出書(購入)
  • 軽自動車税申告書(窓口)

■ナンバーが変わらない場合

  • 軽自動車届出済記入申請書(購入)
  • 軽自動車税申告書(窓口)
提出者 本人・代理人

手数料

  • 申請書の用紙代:100円ていど
  • ナンバープレート代:600円ていいど
    ※地域によって変わります。

小型二輪バイク(251cc以上)

排気量が251cc以上のバイクのことを、小型二輪バイクといいます。
750ccのバイクであっても、大型二輪ではなく小型二輪になります。

小型二輪バイクの必要書類

小型二輪バイクの手続き
手続き場所 陸運局
期限 引越し後15日以内
必要なもの
  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 印鑑(所有者と使用者が違う場合両方の印鑑が必要)
  • 新しい住所の住民票(発行から3ヶ月以内)
  • ナンバープレート(必要な場合)
  • 手数料納付書(窓口)
  • 軽自動車税申告書(窓口)
  • OCR1号シート(窓口)
  • 代理人:委任状が必要
提出者 本人・代理人

手数料

  • 申請書の用紙代:100円ていど
  • ナンバープレート代:600円ていいど
    ※地域によって変わります。

軽二輪バイクと小型二輪バイクの手続き

軽二輪バイクと小型二輪バイクの管轄は、陸運局になります。
そのため、引越し前の手続きは必要なく、引越し後に陸運局で手続きを行います。

引越しによって陸運局の管轄が変わる場合は、ナンバープレートが変わります(手数料が必要です)。
管轄の陸運局が変わらない場合は、ナンバープレートはそのままで変わりません。

陸運局とは

出典:https://otakara-shaken.com/useful/beginner/about02.html

陸運局は正式名称を「地方運輸局」といって、国土交通省に属する行政機関です。
全国に存在していて、車のナンバー登録や車検の手続きを管理しています。

引越しで登録している普通自動車の住所が変更したら、陸運局で変更手続きが必要です。

それぞれの陸運局へのホームページはこちら(国土交通省 全国運輸支局等のご案内)をご覧ください。

軽二輪バイク・小型二輪バイクの住所変更手続きの流れ

軽二輪バイクと小型二輪バイクの手続きの流れは、以下の通りです。

1:陸運局に行く
引越し後の管轄の陸運局に行きます。
土・日・祝日は休みなので注意してください。
週末・月末・年末は込み合うので、時間に余裕をもって行ってください。

2:書類を作成する
住所変更に必要な書類を購入して(100円ていど)、作成します。

3:ナンバープレート変更(必要な場合のみ)
ナンバープレートを窓口に返却して、申請書に返却印を押してもらいます。

4:書類を提出します

5:税金関係の手続きをする
軽自動車税の納税通知書の変更を行います。

ポイント


軽自動車税は、毎年4月1日時点での登録がある市町村から送られてきます。
そのため、4月1日以降に引越した場合は、引越し前の市区町村役所に連絡をしての軽自動車税の納税通知書を送ってもらう連絡をする必要があります。

手続き方法が陸運局によって違うので、詳しくは窓口で問い合わせてください。
1,000円~2,000円ていどの有料で行ってくれます。

6:ナンバープレートの交換
新しいナンバープレートを購入します。
交換に必要な工具は、陸運局で無料で貸してくれます。

ナンバープレートを交換する場合は車検・自賠責保険のステッカーを貼りかえる

出典:https://s.webry.info/sp/legashy.at.webry.info/201106/article_1.html

ナンバープレートには、車検・自賠責保険の有効期限のステッカーが貼られています。
陸運局の管轄が変わってナンバープレートを交換する場合は、ステッカーをはがして新しいナンバープレートに貼りかえましょう。

きれいにはがせない場合は、再交付しましょう。
陸運局で検査標章再交付申請書と検査登録印紙(300円)を購入して、ステッカーを再交付できます。

ナンバープレートの交換は、あなたが行う

ナンバープレートの取り外し、取り付けが必要な場合は、あなたが行うことになります。
そのため、陸運局へは汚れてもいい服装でいくことをおすすめします。
交換に必要な工具は、陸運局で無料で貸りることができます。

車検ステッカーのキレイな剥がし方

古い車検シールを剥がす際、きれいに剥がす方法があったので、引用します。

まずは家の中にある3つの道具を準備しましょう。

■中性洗剤(なければ濡らしたティッシュ)
■ラップフィルム
■プラスチック製のポイントカードや定規(スクレーパーがあれば尚よし)

この3つの道具があれば、車検シールがきれいに剥がせます。

それでは、車検シールをきれいに剥がす方法をご説明します。

1. 車検シールに、濡らしたティッシュを置くか、中性洗剤を直接塗る

2. その上からラップを重ねて10分ほど放置する

3. ふやけて剥がしやすくなった車検シールを爪で剥がす

4. 粘着物が残っている場合は、ガラスを傷つけないようにプラスチックのスクレーパーで剥がす

5. ウェットティッシュなどで拭き取りきれいにする

引用:https://matome.response.jp/articles/1333

バイクの住所変更の注意点

バイクの住所変更は、住民票を変更してから

バイクの住所変更の際には、住民票が必要になります。
手続きの手順としては、まず役所で住民票の変更手続きをして、住民票を発行してもらってからバイクの手続を行いましょう。

原付の場合は役所で手続きを行うのでいいのですが、軽二輪バイク・小型二輪バイクの場合は陸運局で手続きを行うので、事前に住民票の発行が必要だからです。

なお、住民票は発行してから3ヶ月以内のものでないといけないので、注意してくださいね。

引越しの住民票の手続きまとめ!住民票をそのまま移さないデメリットや時間短縮のコツ

2018.11.08

手続きは15日以内に

バイクの住所変更手続きの期限は、引越して住民票を変更した日から15日以内です。

もし、住所変更の手続きをしないと道路運送車両法違反となって罰金が科せられる可能性があります。

また、軽自動車税の納付書は、車検証に記載されている住所に発送されるので、納付書を受け取れずに滞納してしまうリスクもあります。
ですから、バイクの住所変更は引越し後に忘れずに行いましょうね!

免許証の変更も忘れずに

免許証の変更手続きは、上記の手続きとは別になります。
免許証の手続きも忘れずに行いましょう。
以下の記事でくわしくまとめているので、参考にしてくださいね。

引越し後の運転免許の住所変更の方法は?住所変更しないとどうなる?

2018.12.09

まとめ

引越し時のバイクの住所変更手続きについて見てきました。
まとめると、以下になります。

  1. バイクの種類によって住所変更の手続き先が違う
  2. 原付の手続きは、市区町村の役所で行う
  3. 原付は、引越し後に廃車・登録手続きを同時にするのがおすすめ
  4. 軽二輪と小型二輪の手続きは、陸運局で行う
  5. バイクの手続きは、先に住民票の手続きをしてから行う

忘れてあとでトラブルにならないよう、引越し後にはバイクの変更手続きを行ってくださいね!

 


引越し料金を安くする裏ワザを、10年連続で営業成績1位のプロが、特別にいまだけ公開中!
「勤務してる会社はナイショ」という条件で、ぶっちゃけで引越し業界のウラ話を暴露してくれました!
引越しで損をしたくないママさんは、かならずよんで!
引越しの裏ワザ!安く引越す方法を10年連続全国1位のプロに聞いた!

この記事に登場する専門家

ほんとに全国一位だ!

営業成績10年連続全国1位
引越しプロ:Dさん(本名非公開)
2006年より、とある大手引越し会社の営業を担当。営業成績10年連続全国1位を達成。現在、営業管理職。これまでの豊富な経験を元に、引越しのぶっちゃけ節約術を、こっそりとシェア。好きな食べ物は、広島風お好み焼き。現在、二児のパパ。