引越し時のエアコンの取り付け・取り外しの費用相場と注意点のまとめ!

※この記事は某引越業者の営業主任 Dさん(本名非公開)が監修しています。

エアコンの取り付け・取り外しの費用は、いくらくらい?」
「エアコンの引越しで、安い方法はどれ?」


こんにちは!
引越し情報専門サイト「引越しママのみかた」を管理&運営している、よしみです。
 

引越しが決まったら、エアコンの取り付け・取り外し方法について検討する必要があります。

もともとエアコンが備え付けてあった賃貸マンションであれば、特にやることはないんですが、自分で取り付けたエアコンの場合は、引越すときに取り外す必要があります(原状回復義務があるからです)。

引っ越しママ

エアコンを引越すときの注意点って、ありますか?

引っ越しプロ

これは本当にウラ話ですが、エアコン業者の工事費用のぼったくりがあるので注意してください!

この記事では、エアコンの取り付け・取り外しにかかる費用の相場や、引越し時のエアコンの注意点についてまとめてみました。
ぜひ、最後まで目を通してくださいね!

あなたのエアコンは何年使っている?

突然ですが、あなたのお部屋のエアコンは、何年くらい使っていますか?
もし、10年以上使っている場合は要注意ですよ!

10年以上のエアコンは、買い替えを検討しよう

「10年ひと昔」なんていいますが、エアコンの寿命は、ざっと10年くらいと考えるのがひとつの目安です。

どうしてかというと、エアコンが故障したときに修理するのに必要な部品の最低保有期間が、製造打ち切り後10年ていどに定まっているからです。

例えば、メーカー別のエアコンの補修用性能部品の保有期間は、以下の通りです。

メーカー
保有期間
パナソニック
関連ページ
10年
三菱
関連ページ
10年
シャープ
関連ページ
9年
富士通
関連ページ
10年

この期間がすぎると修理できなくなるので、壊れたらエアコンの買い替えが必要になります。

また、10年以上使っているエアコンだと、電気代もかなり変わってきます。
エアコンの消費電力は大きくて、新しいエアコンになるほど省エネの設計になっています。

例えば、エアコンの電気代を比較できるサイトで、電気代がどれくらい違うのかを試してみたところ、10年前のエアコンと最新のエアコンを比べてみると、電気代が1年間で6,830円も違う結果が出ました。
2008年:3.6kw(10-15畳)・パナソニック・型番不明
2018年:3.6kw(10-15畳)・パナソニック・CS-XS368C2で算出

外部サイト:しんきゅうさん

このように、10年以上使っているエアコンであれば、

  • 壊れた時に修理ができない可能性がある
  • 電気代が省エネではない

といった理由から、古いエアコンを処分して、新しく買い替えることを、検討した方がよさそうなのです。

引越し時のエアコンの取り付け・取り外しの作業内容

さて、あなたが使っているエアコンが10年未満なのであれば、そのエアコンは新しいお部屋に持っていくことになりますよね。

エアコンを引越しするときには、以下の作業が必要になる場合があります。

コンセントの工事

エアコンを引越す際には、コンセントの工事が必要になる場合があります。
ふつうの家庭のコンセントは100Vですが、エアコンが大型の場合は200Vのコンセントが必要になるからです。
そのため、以下のように2回の工事が必要になります。

  • 引越し前の工事:200V⇒100V(原状復帰のため)
  • 引越し先の工事:100V⇒200V(エアコンを取り付けるため)

配管の工事

引越しの際には、エアコンと室外機をつなぐ配管の工事が必要になる場合があります。
配管の長さなどによって、工事費用が変わります。
ちなみに、工事費用は当日に現金で支払います。

室外機の設置

部屋の外に室外機を置ければいいのですが、それができない場合は、ベランダに吊ったり外壁に取り付けるなどの工事が必要になります。

その他の追加工事

他にも、エアコンの引越しには追加工事が必要な場合があります。
工事内容と費用を、一覧表にしてみました。

工事内容
費用の相場
補足
取り外し工事 8,000円~
取り付け工事 12,000円~
配管カバー 8,000円~ 2メートル
コンセント交換 2,800円 1ヶ所
電圧切替 3,000円~
コンセント延長 3,100円 5メートルまで
フロンガス補充 8,000円~ (R22)
フロンガス真空
引き
12,000円~ (R22)
新冷媒ガス真空
引き
20,000円~ (R410A)
室外機特殊工事 6,300円~ 金具あり
室外機特殊工事 20,000円~ 金具なし
※参照:ヤマトホームコンビニエンス

このように、エアコンは冷蔵庫や洗濯機と違って、冷媒ガスを室外機の中に回収したり、壁に穴をあけて配管を通したり、コンセントの電圧を変更するなど、特別な工事が必要になります。

そのためには特別な技術や工具が必要で、専門知識がないのにエアコンの引越し作業をすると、冷媒ガスが漏れてエアコンの効き目が悪くなるなど、エアコンが故障する危険があります。

エアコンの引越し方法は3パターン

エアコンの引越しには、配管などの工事が必要であることを見てきました。
エアコンを引越しするには、次の3つの方法があります。

  1. 引越し業者に依頼する
  2. 家電量販店に依頼する
  3. 自分で取り外し・取り付け(DIY)する

では、それぞれの費用の相場などを、詳しくみていきましょう!

引越し業者にエアコンの取り付け・取り外しを頼んだ時の費用

引越し業者では、オプションとしてエアコンの取り付け・取り外しを頼むことができます。

引越し業者のエアコン引越し
エアコン取り外し・取り付け 10,000円~15,000円前後

結論からいうと、エアコンの引越しは引越し業者に依頼するのがおすすめです。

引っ越しママ

エアコンの引越しについて、引越しのプロにインタビューしました!

エアコンの引越しは、家電量販店で頼むより引越し業者に依頼した方が安いです。

その理由ですが、家電量販店はエアコンが売れる6月・7月・8月がピークです。
それ以外の月は、注文がさほど多くないので、売上の帳尻を合わせようと料金を値上げするからです。

逆に引越し業者は、年間を通してエアコンの工事依頼を入れるので、価格を安く設定することができます。

例えば、1個を仕入れるより100個を仕入れる方が安くなるという理屈です。
この例えで、伝わりますかね?💦

とにかく、エアコンの引越しは引越し業者に頼んだ方が安いですよ!

エアコンの引越しのぶっちゃけ話

家電量販店では不必要なものを売りつけられるリスクがある

引っ越しママ

エアコンを取り付けるときの、注意点があるということですが!?

これは本当のウラ話なんですが、ぶっちゃけますね。

エアコン業者は、引越し業者から安い料金でエアコンの取り付け工事を引き受けているんです。
安いので、それだけだと商売にならないんですね。

だから、エアコンの取り付け時には、配管の交換をすすめたり、ガスの入れ替えをすすめたり、化粧カバーなど何かの部品をつけられるようであれば、それを売ろうとするんです。

その売上は、引越し業者に入るのではなく、エアコン工事を担当する家電量販店に入ります。
このような販売で、家電量販店の商売は成り立っているんです。

ですから、すべての家電量販店がそうであるとは言いませんが、エアコンの取り付け時には不必要なものを売られるリスクがあることを知っておいてください。

引っ越しママ

不要な部品を、売りつけようとするんですか!(驚)

素人だと、必要か不要か、わからないですもんね。

引越し営業マンが見積もりのときに、お客様に必ず伝えるのは「エアコンの配管や、ガスの補充などの部材代は、別途費用が発生します」ということです。

これをかならず伝えるのは、そういう事実があるからからです。
むこうの業界は、やっぱり「取れるところから、取ってやろう」と思っているので、それが原因でクレームになることも多いです。

紹介しているのがこちら(引越し業者)なので、こちらにクレームがくるんですよ。
家電量販店は、そんなことをしているなんて、引越し会社には言ってこないんですけどね。

ぼったくりの実話

わたしの友人が引越しをしたときに、工事費用をボラれた実話を紹介します。
この時はエアコンではなくドラム式洗濯機の設置だったんですが、同じような状況の話なので、参考になると思います。

わたしの友人の主人と奥さんの家族引越しで、主人が不在のときに奥さんがドラム式洗濯機の設置の立ち合いをしました。

ドラム式洗濯機の取り付けは、お客様が引越し業者に支払う価格は5,000円です。
それで、正直なところ、業者に行くお金は2,000円なんですね。

洗濯機をわざわざ家庭まで出向いて、取り付けに行って2,000円だけなんです。
タテ型全自動洗濯機なら1,500円です。

それで、取り付けに行った業者が、ぼったくりをしたんです。
具体的には、
「洗濯機のかさあげが必要です、かんやかんや必要です、合計で3万いくらかかります」
と請求して、奥さんは言われるがままにお金を払ったんです。

あとで主人がそれを聞いて「おかしい」と思って、わたしに相談してきました。

話を聞いてみると、完全にぼったくりなので「業者に聞いてみたら」とアドバイスしました。

そこで主人は「裁判をしますよ?」と内容証明郵便を送ったところ、費用が全額返ってきました
業者も「めんどくさい」と思ったんでしょうね。

引っ越しママ

うわ~!
そういったことが、実際にあるんですね~!?

知らなければ、泣き寝入りする方が多いでしょうから、気を付けて欲しいですね。

まとめると、引越し業者は、下請けの個人業者に委託をしているケースが多く、そのままでは利益が出ません。

そのため、本来は必要ではない部品の交換を迫ったり、不要な部材などをつけて、たくさんの工事費用を請求しようとする業者も中にはいます。
注意してください。

引越し業者のエアコンパックを申し込んでおいた方が安心

ここまで説明したように、エアコンの取り付け時には不必要なものを売られるリスクがあります。

そういった不安やリスクを回避するために、引越し業者によってはエアコンパックというオプションサービスがあります。

エアコンパックには、エアコンの配管の交換、電圧切り替え、コンセント交換、そういったものが一式含まれていて、費用はだいたい20,000円から25,000円です。

引っ越しママ

結構、高くないですか?

いえ、そんなことはありません。
配管の交換が必ず必要になる場合があるとします。

例えば、エアコンを2階に設置して、室外機を1階に設置して、配管の延長が7メートルだとします。

配管の延長費用が1メートル3,000円だとすると、それだけで21,000円です。
これなら絶対にエアコンパックにしておいた方が、追加料金がかからないのでお得です。

このように、あらかじめお金がかかりそうな場合は、エアコンパックを申し込んでおいた方が安心なんですよ。

注意点

エアコンパックには、室外機の金具や、壁の中に配管を通すなど難しい取り付け・取り外し作業などは含まれていません。

具体的な料金は、引越し業者によって違います。
きちんとあいみつ(相見積もり)を行って、一番安くやってくれる業者を探してくださいね。

引越しの裏ワザ!見積もり料金を安くする5つの方法を全国1位の専門家が解説!

2018.10.11

エアコン本体のクリーニングのサービス

このように、引越し業者にエアコンの引越しを依頼した場合は、エアコンの専門業者がエアコンの取り付け・取り外しを行います。

引越し当日は、引越し業者が到着する前に、まずエアコンの業者が来るという手順です。

また、エアコンは、エアコン業者が持ち帰ってクリーニングをしてくれるサービスがあります。

クリーニングすると冷暖房の効率が上がって電気代の節約になります。
クリーニング中の1週間ていどはエアコンなしで過ごす必要がありますが、完全分解してクリーニングしてくれるので、いい機会になりますよ。

ここでエアコンの引越しを、引越し業者に依頼した場合の流れをまとめると、以下になります。

エアコンの引越し手順

1:引越しの見積もりを依頼する。その中に、エアコンの料金も含まれている

2:引越し当日は、引越し業者から依頼を受けた電気工事業者が取り外し作業をする(追加で必要になる工事料金は、現金で業者に支払う)

3:エアコン業者が、エアコンを持ち帰ってクリーニングする(1週間ていど)

4:引越し業者が、室外機やその他の家財を運送する

5:引越しが完了する

6:1週間後くらいを目安に、エアコン業者が、あたらしいお部屋にエアコンを取り付ける

7:その際、不要な追加工事をして、工事費用をぼったくられるリスクがある

ポイント:そのため、もし不安があれば、あらかじめエアコンパックに申し込んでおいた方が安心

エアコンをクリーニングする場合は、エアコン本体はエアコン業者が持って帰りますが、室外機は引越し業者のトラックで運送になります。
このように別便となるので、引越し当日は室外機を忘れないように注意してくださいね。

家電量販店にエアコンの取り付け・取り外しを頼んだ時の費用

エアコンのみを引越す場合、家電量販店や専門の業者に依頼する方法も紹介します。

クロネコヤマト

クロネコヤマトは「ヤマトホームコンビニエンス」というエアコンの取り付け・取り外しサービスを行っています。
ただし、依頼してもしなくても下見料3,500円(税抜) が必要になるので注意してくださいね。

クロネコヤマトのエアコン引越し
取り外し工事 8,000円(税抜)~
取り付け工事 12,000円(税抜)~
エアコンパック 27,000円(税抜)~

外部サイト:ヤマトホームコンビニエンス

棟梁ドットコム

棟梁ドットコムには、エアコン引越しパックがあります。
引越しの距離が30km圏内までパック料金になります(30km以上は、10km毎に1,000円の追加料金)。

棟梁ドットコムのエアコン引越し
6畳~14畳タイプ(4.0kw未満) 17,000円(税別)~
16畳以上タイプ(4.0kw以上) 21,000円(税別)~

外部サイト:棟梁ドットコム

フォーラムサービス

フォーラムサービスは、エアコン取り付け・取り外しの専門業者です。
費用は、基本料金プラス運搬料金という形になっています。

フォーラムサービスのエアコン引越し
基本料金 12000円~
運搬料金 3,000円(10km未満)

※10km以上は、10km毎に1,000円の追加料金。

外部サイト:フォーラムサービス

サンビッグサービス

サンビッグサービスは、エアコン取り付け・取り外しの専門業者です。
取り付け・取り外しのみで、本体の移動はやってくれないパックです。
利用条件が、かなり制限されています。

クロネコヤマトのエアコン引越し
引越しセットパック費用 12800円(税別)

セットパックの適用は、取外工事と取付工事が同一日。
移転先までの移動距離5km以内または15分迄の移動費用は無料サービス。
これらを超える移動に関しては移動の料金が別途加算。

外部サイト:サンビッグサービス

自分(DIY)でエアコンを取り外す・取り付けする場合の費用

専門知識がある場合、自力(DIY)でエアコンを取り付ける方もいるみたいです。
自力でやっている方がデータを公開していて、以下の通りでした。

自力のエアコン引越し
機材のレンタル費用 8,679円
機材の購入費用 5,045円
部材の費用 6,137円
合計 19,861円
参照:https://xn--08j2fxcxa0d6wy18otram37a2kz.net/torituke/myself/

なんと2万円近くかかったということです。
必要な工具や材料を揃えて、自分ひとりで行う作業量を考えると、かなり割高で驚きました!

よっぽどのことでない限り、自分でエアコンの取り付け・取り外しはやめておいた方がよさそうです。

引越し時のエアコンの注意点

見積もりにエアコンの取り付け・取り外し料金が含まれているか確認する

これまで見てきたように、エアコンは追加工事の費用をぼったくられるリスクがあります。

「そんな話はきいてなかった!」なんてトラブルが起こらないように、見積もりを出してもらう時点で、

  • 追加工事の料金は、含まれているのか?
  • 含まれていないなら、いくらくらいになりそうか?

を、しっかり確認してください。
不安があれば、安心のエアコンパックを申し込んでおきましょう。

引越し先の部屋にエアコン用の穴・電源があるか確認

エアコンの引越し料金は、引越し前のお部屋だけでなく、引越し先のお部屋でも発生する可能性があります。

エアコン用の穴が壁に空いているか、室外機を置くスペースはあるのか、といったことを、大家さんに確認しておきましょう。

もし穴が空いてない場合などは追加工事が発生しますが、その場合はきちんと事前に大家さんの許可を得るようにしてくださいね。

エアコンを置いていくことは基本的に不可

引越し先にエアコンを持って行かずに、お部屋にそのまま備え付けておくことは、基本的に不可です。

次に入居する方がエアコンを持っている場合は取り外しが必要になるし、もしエアコンが壊れたら、修理する費用を大家さんの方が負担することになるからです。

ただし、もし相談してみて、そのまま備え付けで大丈夫なようであれば、リサイクル料金を支払わずにすむのでラッキーですね。

自分でエアコンを処分する場合

エアコンを自分で処分する場合は、粗大ごみとしては破棄できません
リサイクル方法にのっとった処理が必要になります。
エアコンを処分するには、以下のリサイクル料金が必要になります。

  • 取り外し料金:8000円~
  • リサイクル料金:972円~
  • 運搬代:500円~3000円ていど

エアコンは、無料で引き取ってくれるところもありますが、いろいろ条件がついていて、例えば古いエアコンだと引き取ってくれません。

リサイクルについては、市区町村の役所に問い合わせてみてください。

まとめ

引越し時のエアコンの取り付け・取り外しの費用の相場や、注意点についてみてきました。

自力でエアコンの取り付け・取り外しを行うのは、一般人には難易度が高すぎます。
エアコンの引越しは、料金が安く、連絡先が1本でまとめて依頼できる引越し業者に依頼するのがおすすめです。

エアコンの取り付け・取り外しでは工事費用をぼったくられるリスクがあるので、注意してください。

ベストなのは、一括見積もりサービスを使って複数の引越し業者であいみつを取ることです。

そして、お金がかかりそうな場合は、あらかじめエアコンパックを申し込んでおいた方が、お得に引越しができて安心です。

一括見積もりサービスの利用は無料ですし、納得いかなければ断ることもできますよ!

 


引越し料金を安くする裏ワザを、10年連続で営業成績1位のプロが、特別にいまだけ公開中!
「勤務してる会社はナイショ」という条件で、ぶっちゃけで引越し業界のウラ話を暴露してくれました!
引越しで損をしたくないママさんは、かならずよんで!
引越しの裏ワザ!安く引越す方法を10年連続全国1位のプロに聞いた!

この記事に登場する専門家

ほんとに全国一位だ!

営業成績10年連続全国1位
引越しプロ:Dさん(本名非公開)
2006年より、とある大手引越し会社の営業を担当。営業成績10年連続全国1位を達成。現在、営業管理職。これまでの豊富な経験を元に、引越しのぶっちゃけ節約術を、こっそりとシェア。好きな食べ物は、広島風お好み焼き。現在、二児のパパ。