引越し基本

引越しシニアパックはどんな高齢者におすすめ?高齢者の引越しの注意点

この記事を書いた人

現役の引越し営業マン
某引越会社の社員:中村
2006年より、某大手引越会社の営業を担当している現役の営業マン。営業成績10年連続全国1位。これまでの豊富な経験を元に、安くかしこく引越しするための裏事情をシェア(会社にはナイショ)。

高齢者の引越しの注意点は?」
「引越し会社のシニアプランのサービス内容は?お年寄りにおすすめ?」

こんにちは!
引越し情報専門サイト「引越しママのみかた」を管理&運営している、某引越会社の社員の中村と申します。

 

高齢者にとって、住み慣れた家と友達を離れて、新しい土地や部屋に引越しをするのは、大変なストレスです。

でも、認知症の不安もあるし、介護の面から考えても、そばに両親が住んでいた方がママさんは安心できるのも事実ですよね。

引越しママ

荷物が大量にあるし、足腰や体力も弱っているから、できるだけ楽に引越しをしたいよね!

引越しプロ

引越し会社の高齢者向けサービスを利用するといいですよ!

そこで今回は、細心の注意をはらって高齢者の引越しをするには、どういった点に気を付ければいいか、営業成績が10年連続1位の引越しのプロフェッショナルが解説します。

引越し会社のシニアパック(シニアプラン)についてもまとめてあるので、ぜひ最後まで目を通してくださいね!

シニアパックとは?

高齢者が引越しする場合、シニアパックを利用するのがおすすめです。
シニアパックとは、引越し会社が高齢者向けに行っているサービスプランのこと。

引越し会社によってシニアパックだったりシニアプランだったりと、呼び方がいろいろ変わるんですが、この記事では、ひとまずシニアパックで統一しますね。

この高齢者向けのプランの特徴を3行で説明すると、以下になります。

シニアパックの特徴
  • 60歳以上の高齢者が利用できるプラン
  • ほとんどの引越し作業を会社におまかせできる
  • 専属のアドバイザーがアドバイスしてくれる

具体的な条件は引越し会社によって違いますが、主に引越し作業プラス「専門のアドバイザーがつく」のがシニアパックの特徴ですね。
シニアパックは、以下のような高齢者におすすめです。

シニアパックがおすすめな高齢者

  • 介護の面で心配なので、夫婦の近所に引越しをさせたい老夫婦
  • 不要になった荷物を整理して、手狭な家に引越しをしたい高齢者
  • 高齢者施設に引越しするシニア層

シニアパックをやっている引越し会社

それでは、高齢者向けのサービスを行っている大手引越し会社を紹介します。

会社名 サービス名 対象 荷造り・荷解き
アート シニアパック 60才以上
アーク シニアプラン 60歳以上の夫婦
ハート シニア向け引越サポート 記載なし
ハト 楽々シニアプラン 記載なし

アート引越センター「シニアパック」

  • 「暮しの整理士」スタッフが整理整頓をアドバイス
  • 部屋の模様替えやインテリアついてもアドバイス

お引越の約1カ月前に1回「暮しの整理士」1名が、お客さま宅に訪問し、2時間以内で整理・整頓などについて無料でアドバイスいたします。(公式サイトより)

関連:https://www.the0123.com/plan/senior/

アーク引越センター「シニアプラン」

  • 引越し料金が最大20%オフ
  • ダンボール最大50枚無料
  • ふとん袋最大2枚無料
  • ハンガーボックスレンタル最大5つ

アーク引越しセンターは、専門スタッフのアドバイスはありません。
そのかわり料金が20%オフというサービスになっています。

関連:https://www.0003.co.jp/plan/pair/senior.html

ハート引越センター「シニア向け引越しサポート」

  • 専任の営業担当者とサポートレディが引越し前にヒアリング
  • 不要な荷物の選別や家電製品の手配など
  • 公共料金の手続きなど

ハート引越センターのシニアパックは、荷造りから荷解きまですべておまかせで、他にも担当者とサポートレディによるサービスが、たくさんついています。

関連:http://www.hikkoshi8100.com/senior/

ハトのマークの引越センター「楽々シニアプラン」

  • 引越し前に荷物の整理や不要品処分などアドバイス
  • 引越当日に「引越管理士」が一日立ち会い
  • 部屋の簡易清掃

お引越当日は引越センターの「引越管理士」が一日立ち会いをして、お客様のご要望にお応えします。
引越前のご相談(お荷物の整理から不要品処分など)から、引越後のご相談までお受け致します。(公式サイトより)

関連:https://www.hato.or.jp/service/

シニアパックは具体的に何をやってくれるの?

それではシニアパックの詳しいサービス内容について、解説します。

シニアパックのサービス内容

(解説お願いします)

シニアパックの料金はどれくらいかかるの?

(解説お願いします)

高齢者の引越しの注意点は?

最後に、高齢者が安全に引越すための注意点についてまとめてみました。

  1. シニアパックを利用する
  2. 家財整理を任せる
  3. 手続きは代行してもらう
  4. ストレス・うつなど精神面のケアをする

それぞれについて見ていきます。

1:シニアパックを利用する

ここまで紹介してきたように、シニアパックは荷造りから荷解きまで引越し会社がやってくれます。

引越しは体力も手間もかかるので、引越し会社におまかせして、なるべく高齢者への負担を減らしましょう。

2:家財整理を任せる

シニアパックでは、家財の処分などもアドバイスしてもらえます。

ちょっと失礼な言い方になってしまうかもしれませんが、高齢者は「物持ちがいい」というか、不要なものも「もったいないから」とか「まだ使えるから」と物置にしまっていたものでも、新居に持っていこうとします(;^ω^)

でも、新居に持って行っても、すぐに物置に収めるので、結局「あ~、永遠に使わないだろうなぁ」ということになります。

そもそも、今のスペースより引越し先が狭くなる場合、今の荷物はすべて新居に入りません。
このように、荷物の取捨選択は、けっこう大きな課題です。

シニアパックには、それをアドバイスしてくれるアドバイザーがいるので、ぜひ積極的に利用していきましょう!

3:手続きは代行してもらう

引越しをすると住民票だけでなく、介護保険、医療助成金、年金など、役所の手続きがいろいろと必要になります。

私の両親は、市営牛宅に引越しした時「手続き書類が多くて大変だった。職員が、他の家庭は必要書類をぜんぜん集めてこない……とボヤいてたよ」といっていました。

それくらい手続きは面倒なものですし、ましてや高齢者です。
手続きの多くは代理人による提出が可能なので、家族や知人が代行するとスムーズです。
以下を参考にしてみてください。

引越し1ヶ月前

引越し会社の手配 引越し先と日付が決まったら、すぐにあいみつして引越し会社の比較を行いましょう。
引越し先の内見 引越し先の道幅、間取り、収納スペース、ガスの種類、駐車場など確認します。
不動産の解約手続き 管理会社や大家さんに退去の連絡をします。
賃貸契約書に書かれている期限を確認しておきましょう。

引越し2週間前~3日前

固定電話と携帯電話の手続き 引越しの電話の手続きは、引越しの1ヶ月前から受け付けています。
固定電話の場合は、引越しの2週間前までに申し込むことが推奨されています。
郵便局の手続き 郵便局に手続きをすると、引っ越しする前の住所に送られた郵便物を、新しい住所に自動的に届けてくれます。
利用サービスの住所変更 新聞・牛乳・食材宅配サービスなどの利用があれば、引越しの連絡をします。
ガスの手続き 引越しの1週間~3日前までに現在利用しているガス会社に利用停止の連絡をしましょう。
引越し先のガス会社が変更する場合は、そちらのガス会社にも忘れずに連絡を行いましょう。
電気の手続き 現在の電気会社に利用の停止を連絡します。
また、新居を管理する電気会社に利用の開始を連絡します。
水道の手続き 現在の水道局に利用の停止を連絡します。
また、新居を管理する水道局に利用の開始を連絡します。

引越し後14日以内

転入届の手続き 役所で住民票の手続きを行います。
同時に国民健康保険・国民年金・乳児医療・老人医療・児童手当・印鑑登録・マイナンバーなどの手続きを行うと効率がよいです。
マイナンバーカードの手続き 引越しする家族全員のマイナンバーカードを持っていきましょう。
国民健康保険の手続き 国民健康保険に加入している方は、引越し後に役所に行って手続きを行う必要があります。
国民年金の手続き 国民年金に加入している方は、引越し後に役所に行って手続きを行う必要があります。
介護保険の手続き 介護保険の保険者(負担者)は市区町村の自治体なので、引越し前後の役所で手続きを行う必要があります。
印鑑証明の手続き 住民票や運転免許と同じように、引越し後には、印鑑証明の変更手続きが必要になります。

4:ストレス・うつなど精神面のケア

高齢者でなくても、引越しには不安やストレスがつきものです。

長い間住み慣れた土地を離れ、知り合いがいなくなるので、精神面でのケアが大切になります。

そこで、私のおすすめが、フィットネスクラブ。
お風呂もあるし、マッサージ器もあるので、毎日が充実します!

私も会員になっていますが、午前からお昼にかけては、ジムのスペースが高齢者の集会みたいな、和気あいあいな空気になっていますよ(笑)

ストレッチや運動することでストレスを解消でき、うつや認知症予防にもなり、おまけにお友達も増えるという、至れり尽くせりの施設!
フィットネスクラブは、高齢者の方に本当におすすめですよ!

まとめ

高齢者の引越しには、シニアパックを使うのがおすすめです。

荷造りから荷解きまで引越し会社に依頼でき、専門のスタッフが家財処分のアドバイスもしてくれます。

引越しの手続きは、代理人に頼むことも可能なので検討してみてください。

引越しの後は、ストレス・うつ・認知症などの予防のため、家族でしっかりケアをしてあげてください。
なかでもフィットネスクラブへの入会は、とてもおすすめ!

引越しの料金を安くするには、無料の一括見積もりサービスを使って「あいみつ」してください。

一括見積もりサービスで一番安い会社を見つけるときは「60歳以上のシニアパック希望」と備考欄に書いておくと、条件のよい会社が見つかりますよ!

引越しの見積もり料金は、一番高い会社と一番安い会社の差額が、なんと20万円を超えることがあります(家族で県外引越しの場合)

あいみつをするとだいたい20%~50%は価格が下がるので、複数社で見積もりを比較しなければ、何万円も損をしてしまいます。

そのため、引越しが決まったら、複数の引越し会社から見積もりをとる「あいみつ(相見積もり)」を、かならず行いましょう!

あいみつをする理由
  1. 最初は、どの会社も「あえて高め」の料金を提示する
  2. 「見積もりが1社だけ」だと、価格は下がらない
  3. だから、数社で価格を競わせる
  4. そのことで料金を何万円も安くできる

ですが、あいみつは時間がかかるのがデメリット
200社以上もある引越し会社を、自分で探して1つ1つ連絡するのは大変です。

そこでオススメなのが一括見積もりサービスです。


一括見積もりサービスは、入力が30秒でラクなのがポイント。
しかも無料で使えるサービスです!

「引越し達人」

荷物入力の項目がないのでラクラク!
入力を簡単にすませたいママにおすすめ!

「引越し達人」のポイント!
  1. 入力がたったの30秒
  2. ヤマト・サカイなど210社以上の引越し会社を徹底比較できる!
  3. 引越代金が最大55%OFF!
  4. 最大6万円のお祝い金などの特典がもらえる!

\引越し料金が最大55%オフ!/

30秒で入力できる
「引越し達人」はこちら
(無料)

↑ ↑ ↑

※アクセスが集中していて読み込みに時間がかかる場合があります。

「SUUMO引越し見積もり」

電話番号の入力が不要!
メールのみで対応したいママはコチラ!

SUUMO引越し見積もり」は、他の一括見積もりサービスに比べて「電話番号の入力」がないので、メールで気楽に見積もりを比較できるのがポイント。

SUUMO引越し見積もり」で見積もりすると引越し料金が最大50%オフになるので、引越し料金を安く抑えることができます!

「SUUMO(スーモ)」のポイント!
  1. 電話なし!メールのみで見積もり!
  2. 見積もり先を自分で選べる!
  3. 引越代金が最大50%OFF!

\引越し料金が最大50%オフ!/

電話番号の登録がいらない
「SUUMO」はこちら
(無料)

↑ ↑ ↑

※アクセスが集中していて読み込みに時間がかかる場合があります。

引越し一括見積もりサービスの利用の流れ

引越し一括見積もりサービスの使い方は簡単です。
24時間いつでも受付可能で、対応も迅速なので、引越しまで時間がないかたでも安心です!

1:必要事項を入力

引越し先の住所、建物タイプ、引越し予定日、人数、名前、メールアドレスなどを入力するだけ。
入力は簡単で、最短で30秒です。

2:比較して検討する

同じ条件でも、引越し会社によって料金のばらつきがあります。

一括見積もりサービスには、大手のサカイ引越センターやアート引越センターだけでなく、地域に密着したサービスも価格も優良な中堅会社まで、厳しい審査基準をクリアした200社以上の信頼できる会社が登録しています。

その中からあなたの条件に対応できて、他社に負けない自信がある数社が見積もりを出してくるので、一番条件のよいところを比較して検討しましょう。

見積もり料金に納得できない会社は、断ったり、スルーしたりして大丈夫ですよ。

引越し訪問見積もり後の断り方!上手なキャンセル方法をプロが解説!「引越し会社さんの訪問見積もりを受けた後、契約しない会社の上手な断り方は?」 「電話が苦手なので、メールで断っても大丈夫?」 「そも...

安い会社を2~3社ピックアップできたら、そこから値下げ交渉をします。

出された見積もり料金で会社同士を競わせないと、価格を安くできません。
このように相見積もりをすることで、最大で55%も安くなります!

3:引越しする

引越し会社が決まったら、引越しです。
あたらしい生活のスタートです!

このサイトの運営者(引越し専門家)

営業成績10年連続全国1位
某引越会社の社員:中村
2006年より、某大手引越会社の営業を担当。営業成績10年連続全国1位を達成。現在、営業管理職。これまでの豊富な経験を元に、引越し内部事情を、こっそりとシェア(会社にはナイショ)。好きな食べ物は、サラダチキンと玄米。現在、二児のパパ。

おすすめの人気記事

あなたはテレビの報道などで「引越し難民」が急増していると聞いたことがありませんか?

近年、3月中旬から4月上旬にかけて、引越しをしようとしても引越し会社が見つけられず「引越しをしたいのに、引越しができない!」という方があふれていることが社会問題になっています。

「引越し繁忙期の予約は、いつからすれば間に合うの?」
引越し難民にならない方法を公開します!
引越し繁忙期の予約はいつから!?引越し難民にならない方法【プロが警告】

あなたは、引越しの一括見積もりサービスを使うと、「鬼電話がじゃんじゃんかかってきてヤバイ!」という口コミが多いのを知っていますか?

こうなってしまう原因は、一括見積もりサービスの正しい使い方を知らないから。

そこで引越しのプロが、電話攻撃を受けずに一括見積もりサービスを利用する3つの方法を解説します!
引越し一括見積もりサービスの正しい使い方!ヤバイ電話攻撃を防ぐ3つの方法をプロが解説

引越し料金を安くする裏ワザを、10年連続で営業成績1位のプロが、特別にいまだけ公開中!

引越し業界のウラ話を暴露します!
引越しで損をしたくないママさんは、かならず読んで!
引越しの裏ワザ!安く引越す方法を10年連続全国1位のプロが公開

関連記事