引越し基本

大家さんへの解約は引越しの何ヶ月前に言う?

こんにちは!
引越し情報専門サイト「引越しママのみかた」を管理&運営している、某引越会社の社員のナカムラと申します。

 

引越しすることが決まったら、まずは大家さんに今住んでいる物件の解約の連絡をする必要があります。

その連絡は、引越しの何ヶ月前のタイミングで行えばいいのでしょうか?

引越しママ

何日前に大家さんに解約の連絡をすればいいのかなぁ?

引越しプロ

「何日前」では遅すぎます。
1ヶ月前には伝えてくださいね!

引越し代金を安くするには、家賃との兼ね合いも大切なので、このページで引越しの解約のタイミングについて、営業成績が10年連続1位の引越しのプロフェッショナルが解説します。

ぜひ、最後まで目を通してくださいね!

解約を言うのは一般的に引越しの1ヶ月前

引越しすることが決まったら、まずは今借りているマンションやアパートの大家さんもしくは管理会社に「引っ越すので部屋を出ます」と連絡をしましょう。

その解約の連絡をするタイミングですが、何ヶ月前にいえばいいのかはケースによりますが、一般的には1ヶ月前が多いです。

解約予告の告知期間を確認しよう!

我が家の「賃貸借契約書」

今の部屋を借りるときに交わした、賃貸借契約書を確認してみましょう。
そこには「部屋を出るときは○ヶ月前に申し出ること」という解約予告の告知期間が掲載されています。

私の場合は1ヶ月前でした。

一般的には解約予告は1ヶ月前が多いですが、中には2ヶ月前や3ヶ月前の場合もあるので要注意です。

公団住宅の場合は14日前となっていることもあるので、契約書をよく見て告知期間を確認しましょう!

告知期間を守らないと……?

この解約予告の告知期間を守らないと、ペナルティが課される場合があるので注意しましょう。

例えば、3ヶ月前の告知期間だったとして引っ越す連絡が1ヶ月前の場合だと、告知期間を守れていないことになります。
すると、「3ヶ月マイナス1ヶ月=2ヶ月分の家賃」を請求されるおそれがあります。

これは契約書に従って解約予告がされたら大家さんが手にできたはずの家賃なので、請求されたら拒否するわけにはいきません。

契約書に告知期間が書いてない場合は……?

普通は賃貸借契約書には解約予告の告知期間が記載されているはずなのですが、もし書いてない場合は、3ヶ月前までに解約予告を行う必要が民法で定められています。(617条1項2号)

節約のためにダブル家賃に上手に対応しよう

解約予告をするタイミングで、もっとも一般的なのは、新しい引越し先を決めて契約してから、今住んでいる部屋の大家さんに解約予告を行うケースです。

この場合、新しい引越し先は契約が成立した時点で家賃が発生します。
でもよく考えると、今住んでいる部屋の家賃も毎月払っていますよね。

つまり、うまくタイミングを合わせないと2ヶ所の家賃を重複して家賃を払うことになってしまうのです。
これが、いわゆるダブル家賃です。

そこで、ダブル家賃の対処法について、いくつかご紹介しましょう!

解約予告をしてから引越し先を契約する

もし告知期間が長い場合は、引越し先の新居を決める前に解約予告をしてしまいます。

例えば、告知期間が3ヶ月の場合で3月に引越しするなら、12月末に「3月いっぱいで部屋を出る」と解約予告をします。

そして、なるべく3月末に近い時点で新しい引越し先を決めて契約します。
すると新しい部屋の家賃は日割りで数日しか発生しません。

新築物件が狙い目!

新規物件は意外とあります。

また、とても有効なのは建築中の新築物件です。
賃貸物件の竣工が近づくと入居者募集の看板を見かけますよね。
だいたい2~3ヶ月前から予約を受け付けが可能です。

例えば、入居開始予定日が4月30日で2月末から予約を受け付けている場合、2月末に予約しても家賃が発生するのは4月30日以降です。

4月末に引越しが確実なら、いま住んでいる部屋の解約予告を1月にしても、支払う家賃は、いま住んでいる分だけで済みます。

仲介会社にお願いする

上で紹介した2つのケースを除けば、ある程度のダブル家賃は仕方がありません。
その他の方法としてあるのは、大家さんや仲介会社に「お願い」してみること。

例えば25日に新居に入居するなら、新居の当月分の家賃をタダにしてもらうように、ダメ元で交渉してみましょう。

部屋の鍵の返却の確認をしっかり!

また、解約予告をする際には、今住んでいる部屋の鍵の受け渡しについて、きちんと確認しておきましょう。

一般的には、荷物の搬出が終わって部屋が空になった状態で、大家さんもしくは管理会社の立ち合いのもと、部屋の修繕箇所の確認を行い、鍵を返却します。

しかし、大家さんによっては、立ち合いを求められずに「鍵だけ返却してください、修繕するところは後で連絡します」というケースもあります。
これだと、あとで大家さんの言い値で修繕費用を請求されてしまうおそれがあります。

不当な請求をされて無駄な出費をしないように、立ち合い不要と言われても必ず立ち会うようにしましょう。

納得がいかなければ……

立ち合いの際には、修繕に関する同意書があり、署名・捺印をすることになります。
このとき、納得がいかなければ署名・捺印はしてはいけません。

不当に感じた場合は説明を求め、納得できない場合は支払いを拒否しましょう。

引越し時の不動産・管理会社の解約手続きの手順まとめ!敷金返金は交渉しないと損をする 「引越しするときの、不動産の解約手続きの手順は?」 「大家さんへは、いつ退去することを連絡すればいいの?」 「管理会社への連...

まとめ

大家さんへの解約は、引越しの何ヶ月前に言うのか? についてご紹介しました。

まとめ
  1. 解約を言うのは一般的に引越しの1ヶ月前
  2. 契約書で告知期間を確認しよう!
  3. ダブル家賃にうまく対応しよう!
  4. 部屋の鍵の返却の確認をしっかり行おう!

引越しはやることが多いですが、当サイトでサポートしていくので1つ1つ丁寧に進めていきましょうね!

引越しの見積もり料金は、一番高い会社と一番安い会社の差額が、なんと20万円を超えることがあります(家族で県外引越しの場合)

あいみつをするとだいたい20%~50%は価格が下がるので、複数社で見積もりを比較しなければ、何万円も損をしてしまいます。

そのため、引越しが決まったら、複数の引越し会社から見積もりをとる「あいみつ(相見積もり)」を、かならず行いましょう!

あいみつをする理由
  1. 最初は、どの会社も「あえて高め」の料金を提示する
  2. 「見積もりが1社だけ」だと、価格は下がらない
  3. だから、数社で価格を競わせる
  4. そのことで引越し料金を何万円も節約できる

ですが、あいみつは時間がかかるのがデメリット
200社以上もある引越し会社を、自分で探して1つ1つ連絡するのは大変です。

そこでオススメなのが一括見積もりサービスです。


一括見積もりサービスは、入力が45秒でラクなのがポイント。
しかも無料で使えるサービスです!

引越し見積もりサイト・ランキング一覧

※2021年4月時点の各社ホームページの公開情報より掲載

一番おすすめの見積もりサイトは、LIFULL引越しであると評価します。

「LIFULL引越し」

費用の割引率が他社の中で一番高い!
電話嫌いなママでもOK!
「単身・急ぎ」にも対応!

LIFULL引越しの評判は本当によく、数ある引越し見積もりサイトの中で一番おすすめです。

LIFULL引越しは、電話が困る場合にはメールのみでも対応可能で、入力も簡単です。

なにより、引越しで一番気になる費用の割引率が60%と競合他社と比較して一番割引率が高いです。

LIFULL引越しの使い方は簡単

LIFULL引越しサイトは、見積もりを依頼する引越し会社の数を利用者が選択できるんです。

使い方は、以下の通りです。

1:LIFULL引越しトップページから見積もりスタート。

2:まず、人数を選択します。

3:引越しの予定日や、4:引越し先の住所を入力します。

5:荷物の入力はスキップ可能で、6:業者を選択できます。

例えばA社、B社、C社…と選択が出てくるので、「A社、B社、2つだけにしよう」と選ぶことが可能ということです。

このように、対応できる業者を選択できるので、他社サイトのような大量の電話がドカンくる事態を防げます。

荷物の個数入力も任意入力が簡単なので、面倒な操作がいっさいなく、最短で45秒で申し込みが完了します。

LIFULL引越しメリット!
  1. 見積もりサイトの中で一番割引率が高い!
  2. 依頼する引越し会社を選べるので、鬼電話の心配がない!
  3. 電話が沢山かかってこないように、メールでの見積もり希望が出せる!
  4. サカイ・アート・ヤマトだけでなく130社以上の引越し会社を徹底比較できる!
  5. 唯一「赤帽」と提携しているので「単身引越し」や「急ぎの引越し」に強い!
  6. 荷物欄をスキップできるので入力が簡単!(最短45秒)
  7. 最大10万円のキャッシュバック・キャンペーン!

\引越し料金が最大60%オフ!/

「LIFULL引越し」はこちら
(無料)

↑ ↑ ↑

※アクセスが集中していて読み込みに時間がかかる場合があります。

引越し一括見積もりサービスの利用の流れ

引越し一括見積もりサービスの使い方は簡単です。
24時間いつでも受付可能で、対応も迅速なので、引越しまで時間がないかたでも安心です!

1:必要事項を入力

引越し先の住所、建物タイプ、引越し予定日、人数、名前、メールアドレスなどを入力するだけ。
入力は簡単で、最短で30秒です。

2:比較して検討する

同じ条件でも、引越し会社によって料金のばらつきがあります。

一括見積もりサービスには、大手のサカイ引越センターやアート引越センターだけでなく、地域に密着したサービスも価格も優良な中堅会社まで、厳しい審査基準をクリアした200社以上の信頼できる会社が登録しています。

その中からあなたの条件に対応できて、他社に負けない自信がある数社が見積もりを出してくるので、一番条件のよいところを比較して検討しましょう。

見積もり料金に納得できない会社は、断ったり、スルーしたりして大丈夫ですよ。

引越し訪問見積もり後の断り方!上手なキャンセル方法をプロが解説!「引越し会社さんの訪問見積もりを受けた後、契約しない会社の上手な断り方は?」 「電話が苦手なので、メールで断っても大丈夫?」 「そも...

安い会社を2~3社ピックアップできたら、そこから値下げ交渉をします。

出された見積もり料金で会社同士を競わせないと、価格を安くできません。
このように相見積もりをすることで、最大で55%も安くなります!

3:引越しする

引越し会社が決まったら、引越しです。
あたらしい生活のスタートです!

このサイトの運営者(引越し専門家)

営業成績10年連続全国1位
某引越会社の社員:ナカムラ
2006年より、某大手引越会社の営業を担当。営業成績10年連続全国1位を達成。現在、営業管理職。これまでの豊富な経験を元に、引越し内部事情を、こっそりとシェア(会社にはナイショ)。好きな食べ物は、サラダチキンと玄米。現在、二児のパパ。

おすすめの人気記事

引越しが決まって、「どこの一括見積りサイトを利用しようかな?」と探しているなら、LIFULL(ライフル)引越しの評判が気になりませんか?

そこで、LIFULL本社へお伺いしたスタッフ・インタビューをお届けします。

⇒【本社へ突撃】LIFULL引越し口コミ評判・他社見積もり比較を完全レビュー!

あなたは、引越しの一括見積もりサービスを使うと、「鬼電話がじゃんじゃんかかってきてヤバイ!」という口コミが多いのを知っていますか?

こうなってしまう原因は、一括見積もりサービスの正しい使い方を知らないから。

そこで引越しのプロが、電話攻撃を受けずに一括見積もりサービスを利用する3つの方法を解説します!
引越し一括見積もりサービスの正しい使い方!ヤバイ電話攻撃を防ぐ3つの方法をプロが解説

引越し料金を安くする裏ワザを、10年連続で営業成績1位のプロが、特別にいまだけ公開中!

引越し業界のウラ話を暴露します!
引越しで損をしたくないママさんは、かならず読んで!
引越しの裏ワザ!安く引越す方法を10年連続全国1位のプロが公開

関連記事