引っ越し前に知っておきたい!転入届の手続きや必要書類・所要時間を短縮するコツ

「引っ越しの転入届の手続きで、必要な書類はなに?」
「転入届の手続きは、どれくらいの所要時間がかかるの?」
「転入届は郵送できるの?」


というわけで、こんにちは!引越しママの、えみいです。

引越しをすると、引越し先の役所で「転入届」の手続きが必要になります。

市内から市内へ引越す場合は「転居」なので転入の手続きは不要なのですが、市内から市外に引っ越す場合は「転出」のため、「転入」が必要になるというわけです。

引っ越しママ

なるほど~、転出と転入はセットなのね!

引っ越しプロ

市外に引っ越す場合は、転出と転入の2回、役所に行く必要がありますよ!

この記事では、引越しに必要な転入届の手続きについて、まとめて紹介します!
なお、転出届については、以下の記事でわかりやすくまとめてあるので、こちらもお読みくださいね!

引越しの転出届のまとめ!転出届の書き方・期限・郵送・委任状などについて

2018.11.05

転入届の手続きの流れ

転出届と転入届の流れ

「転出届」を出すと、「転出証明書」をもらえます。
この「転出証明書」と「転入届」を、引っ越し先の市区町村役所に提出します。
これで「転入届」に関する手続きは完了です。

市内から市外へ引越しをする場合、このように転入届を役所に提出する必要があります。

転入届の書き方

転入届
手続き場所 引っ越し後の市区町村役所
期限 引越しの翌日から14日以内
必要なもの
  • 転入届(役所にある)
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、写真付き住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書など)
  • 届出に来る人の認印
  • マイナンバーカード又は住民基本台帳カード(所持者のみ)
  • 国民健康保険証(加入者のみ)
  • 後期高齢者医療被保険者証(加入者のみ)
  • 印鑑登録証(所持者のみ)
  • 介護保険被保険者証(所持者のみ)
  • 委任状(代理人の場合)
提出者 本人、世帯主、本人と同一世帯の人

転入届(住民異動届)は、市町村役所に置いてあります。
書き方は、見本が役所に置いてありますし、役所の人に教えてもらうこともできます。

転入届に記入する主な項目は、以下になります。

転出届の項目

  • 住所/世帯主の氏名
  • 新住所/世帯主の氏名
  • 異動年月日(引っ越し日、決まってない場合は予定日)
  • 引っ越しする人の氏名/生年月日
  • 引っ越しする人の本籍/戸籍の筆頭者
  • 転入届の申請者
  • 連絡先の電話番号

引越しするなら転入届を出さないとダメな理由

引越しをするということは、住所が変わりますよね。
住所が変わると、その届け出を行わないといけません。
これは、「住民基本台帳法」という法律によって決められているからです。

第二十二条 転入(新たに市町村の区域内に住所を定めることをいい、出生による場合を除く。以下この条及び第三十条の四十六において同じ。)をした者は、転入をした日から十四日以内に、次に掲げる事項(いずれの市町村においても住民基本台帳に記録されたことがない者にあつては、第一号から第五号まで及び第七号に掲げる事項)を市町村長に届け出なければならない。
一 氏名
二 住所
三 転入をした年月日
四 従前の住所
五 世帯主についてはその旨、世帯主でない者については世帯主の氏名及び世帯主との続柄
六 転入前の住民票コード(転入をした者につき直近に住民票の記載をした市町村長が、当該住民票に直近に記載した住民票コードをいう。)
七 国外から転入をした者その他政令で定める者については、前各号に掲げる事項のほか政令で定める事項
2 前項の規定による届出をする者(同項第七号の者を除く。)は、住所の異動に関する文書で政令で定めるものを添えて、同項の届出をしなければならない。

出典:住民基本台帳法

このように、市町村の区域外へ住所を移す場合には「転入届」を、引越し先の市区町村役所に届出する必要があります。

転入届の提出期限はいつからいつまで?

転入届の提出期間

転入届は、いつからいつまで受け付けているのでしょうか?
これは、引っ越し翌日から14日以内に提出します。

転入届を出さないと、どうなるの?

もし、引越しして転入届を出さない場合は、最高5万円の罰金が科せられる可能性があります。
忘れないようにしましょう!

引っ越しママ

罰金があるの!? 忘れないように気を付けなくちゃ!

転入届は郵送でも出せる?

転出届であれば郵送で出すことができますが、転入届は郵送で出すことはできません。

役所に行くのがどうしても難しい場合は、以下の方法で代理人に頼みましょう。

転入届は、委任状を用意すれば代理人でもOK!

委任状

転入届の期限は、引越後の翌日から14日以内です。
また、届出人は、本人又は世帯主となっています。

でも、仕事で役所に行けない場合もありますよね。

引っ越しプロ

会社員だと平日は仕事で、役所は土日が休み。これじゃあ、役所に行く時間がないですね。

その場合は、代理人にお願いすることが可能です。
役所の窓口、またはホームページ(PDF)に「委任状」があります。

この委任状を本人が作成して、代理人に持って行ってもらうことで、転入届の手続きが可能です。

転入届の手続きの所要時間は?時間を短縮するコツ

会社に勤めていて毎日の仕事が忙しいと、役所に行く時間がなかなか取れないですよね。

会社の出勤時間に間に合うように朝早く役所に行くとして、転入届の手続きの所要時間は、どれくらいかかるのでしょうか?

気になったので、実際に役所で聞いてみました。
すると、以下の回答を頂けました。

役所の人の回答

・朝いちばん(8時30分)は、人が少ないです(役所にもよります)
・転入届の、手続きの所要時間の目安は20分~30分です。
・急いでいる場合は、その旨を伝えていただけるとありがたいです。

転入届の手続きの所要時間は、場所や曜日にもよりますが、だいたい20分、長くて30分くらいとのことです。

また、急いでいる場合には、
「会社の出勤時間があるので、急いでいます!」
と理由を添えて伝えると、よいそうです。

そのことで、住民票などの順番待ちを早めてくれるなどの便宜をはかっていただけると教えていただけました。
100%うまくいくかは断言できないですが、これは行ってみる価値がありますね!

引っ越しママ

役所の人は、いがいとやさしいよ!

転入届は引越し前に出せるの?

例えば家を購入したとき「契約書の住所と住民票の住所を一致させたい」という理由で、引っ越し前に転入届を出したい場合がありますよね。
引っ越し前に、転入届を出すことはできるのでしょうか?

これは先にも紹介したとおり、結論からいうと「法律的には」できません。
しかし、この「法律的には」というのがミソでして、ぶっちゃけ実情は出せます(!)
実際に、引越しの1ヶ月前に転入届を出した人がいました。
関連:https://oshiete.goo.ne.jp/qa/1643981.html

役所の人は、そういう内情があることを知っているんですね。
でも役人である以上、正直に「引越し前だけど転入届を出したい」と申し出られると、それをOKするわけにはいきません。

そこで、このような形式的なやりとりをすることで、転入届を出すことができるというわけです。

役所:もう引っ越しましたか?
あなた:はい、○日に引っ越しました( ̄▽ ̄)


ちなみに、役所の人が実際に確認に来ることはありません。

ただし、引っ越し前に転入届を出してしまうと、以下のデメリットがあるので注意が必要です。

注意点

  • 役所関係の郵便物が新住所に届くようになる
  • 子供の学区が変わるので、学校に通えなくなる可能性がある

繰り返しますが法律的にはNGなので、気を付けてくださいね。

マイナンバーカードの転入届の手続き

これまで説明した流れだと、転出届を提出すると「転出証明書」が交付されます。
これと一緒に転入届を提出するのが、手続きの流れです。

しかしマイナンバーカードを使うと「転入届の特例」によって、「転出証明書」なしで転入届の手続きが行えます。

転出届を提出して引っ越したあとは、引越し先の役所の窓口で転入届とマイナンバーカード(または住民基本台帳カード)を提出し、暗証番号を入力することで手続きが完了します。

まとめ

引越しによる転入届の手続きについて紹介してきました。
まとめますと、以下になります。

  1. 市外から引越した場合は、転入届を出すこと!
  2. 引越し翌日から、14日間以内に提出!
  3. 行けない場合は、代理人に頼んでもOK!
  4. 手続きの所要時間は20分~30分ていど
  5. 急いでいる場合は、その旨を役所の人に伝える!

転入届を出すことは法律で決まっていて、忘れると罰金を払わないといけなくなる可能性もあります。
忘れずに届け出を行ってくださいね!

引越しが決まったら早めに、複数の引越し業者から見積もりをとる「あいみつ(相見積もり)」を、かならず行いましょう!

私が引っ越しの見積もりを調べたとき、一番高い業者と一番安い業者の差額は、ナント6万円を超えました!(家族で県外引っ越し)

私が利用したのは、「引っ越し達人」という一括見積もりサービス。

引っ越し達人」は、他の一括見積もりサービスに比べて「荷物量の入力」がないので、入力が30秒でラクなのがポイント。しかも無料で使えるサービスです。

引っ越し達人」で見積もりすると引っ越し料金が最大55%オフになるので、引っ越し料金を安く抑えるために、かならずこのサービスを使いましょう!

引っ越しママ

どうして、あいみつ(複数の会社から見積もりをとること)は、絶対にした方がいいの?

引っ越しプロ

プロは、言い方は悪いけどお客さんを見て料金を決めてるんです。1社だけならライバルはいないんだから、値引きする必要はないですよね?だから料金を安くするなら、あいみつは絶対にしてください。

「引っ越し達人」

荷物入力の項目がないので、
入力がとにかく簡単!

おすすめポイント!

  1. 入力がたったの30秒!
  2. 210社以上の引越し会社を徹底比較できる!
  3. 引越代金が最大55%OFF!
  4. 最大6万円のお祝い金などの特典がもらえる!

\引っ越し料金が最大55%オフ!/

「引っ越し達人」で
あいみつしてみる
(無料)

↑見積もりをとるにはクリック↑
※アクセスが集中していて、クリック後に読み込みまでに時間がかかる場合があります。

「SUUMO引越し見積もり」

電話番号の入力が不要!
メールのみで対応したい方に!

おすすめポイント!

  1. 電話なし!メールのみで見積もり!
  2. 見積もり先を自分で選べる!
  3. 引越代金が最大50%OFF!

SUUMO引越し見積もり」は、他の一括見積もりサービスに比べて「電話番号の入力」がないので、メールで気楽に見積もりを比較できるのがポイント。

SUUMO引越し見積もり」で見積もりすると引っ越し料金が最大50%オフになるので、引っ越し料金を安く抑えることができます!

\引っ越し料金が最大50%オフ!/

「SUUMO」で
あいみつしてみる
(無料)

↑見積もりをとるにはクリック↑
※アクセスが集中していて、クリック後に読み込みまでに時間がかかる場合があります。

この記事に登場する専門家

営業成績10年連続全国1位
引っ越しプロ:Dさん
2006年より、とある大手引っ越し会社の営業を担当。営業成績10年連続全国1位を達成。現在、営業管理職。これまでの豊富な経験を元に、引っ越しのぶっちゃけ節約術を、こっそりとシェア。好きな食べ物は、広島風お好み焼き。現在、二児のパパ。

おすすめの記事!

一括見積もりサービスを使った口コミ